2020年11月01日

11/1日(日)6年生、杉並シーダーズに競り勝つ

 Aリーグ残留を決めるには、4勝以上の成績が不可欠です。競合ひしめくAリーグで4勝以上の成績を上げるのは至難の業、それでも諦めずチャレンジするのが小菅の生き方です。昨日の組み合わせは、BOA戦、シーダーズ戦。
 まず小菅の体制。先発2人が不在、戦いの中心部・ボランチとCB優咲をサイドから支える右DFが不在と確認して唖然としました。ボランチに5年生の遙人を持ってくる、すると左DFが4年生となる。ふううむ、ポジションを決めながら子供たちの意見を聞く。いい案を出してくれましたね。左DFに晴真を下げる、ここで攻撃の軸・遙人ー晴真のコンビネーションが困難になることは受け入れるしかない・・・。分かった、みんなそれは覚悟で考えているのです。この晴真サイドバックが効きましたね。優咲のカバーから攻撃参加まで全力疾走でやってくれました。どこにいても晴真は晴真(坂元先生といつもそう言い合っているのです)、豊富な運動量と果敢な戦いぶりは、昨日のような困難な体制の中でも遺憾なく発揮されていました。
 BOA戦・・・(0−1)惜しかったなあ。力は拮抗していたね。えっ!?と思うくらい、やりやすかったよ。もっとやられるかと警戒していたのです。そんな五分五分の戦いの中で1点取るのはさすがのBOAではありましたが、小菅にも数回チャンスがありました。PA内まで切り込んで作ったチャンス、最後の決定機を決めきれなかった。悔しい思いでしたが、ここで得た『この顔ぶれでも戦えるぞ!』と言う自信は大きかったです、次のシーダーズ戦で生きましたから。
 杉並シーダーズ戦・・・(3−2)前半先取点は隼矢、相手GKが余裕綽々とボールを扱っているのを一瞬みて取るや、ボールに突進、そこで慌てたGKのミスを誘いこぼれたボールを押し込んだのです。小菅5年生の面目躍如です。これをやる5年生が小菅には数人います。しかし、前半のうちに追いつかれる。後半は、相手が先取、1−2と逆転を許す。が、ピッチ内で子どもたちの意気は落ちませんでした。得たCK、琉稀がキックに行く。DFの晴真がPA内に上がっている、と後ろを見ると優咲はガッチリとセンターラインあたりで相手トップを密着マークしている、他の攻撃陣(シーダーズ)はいない、よし、と安全を確認して、「晴真、もっと後方(逆サイド)から大きく回り込め!ボールを逃がすな!」と指示。晴真が動く、その瞬間大きなボールがコーナーから来ました、「高い!」逃げたか?(ボールが)と思ったとき、後方から回り込んでいた晴真がビッグジャンプ、驚くほど高く跳んでヘディングでゴールを逆ネットに叩き込んだのです。凄ええ!小菅のベンチからも応援団からも感嘆の声が上がりました。それ程高いジャンプでした、ジャストミートでした。頭上を越えるボールの行方を為す術もなく見上げ見送ったGK、逆ネットを激しく揺らしたボールをガックリと確認していましたね。これで同点。4年生プレイヤーには疲れが見えました。琉人は、前半で「疲れました。交代したい。」と啓太と交代。4年生チームでウィングで攻撃参加が多い啓太ははじめ上がりすぎ、龍治コーチの「もっと下がれ。」指示でやっとポジションを意識、その後はしっかりDFで頑張っていましたが相手は6年生、疲れが見えていました。勝ち越しよりとにかく失点しないようにと、ベンチは気を配っていましたが、子どもは勝ちに行きましたね。勝越し点は、隼矢でした。中央ラインで受けたボール、まず密着マークの相手を力業で抜き去る、2人目3人目が来るも体の強さとスピードで躱し、最後はGKと1対1、飛び出してきたGKをも躱して無人のゴールにしっかりとボールを流し込みました。えらい!これで、シーダーズに勝ちました。
 思ったのは、小菅の子の試合にかける熱情です。自分のできる全力のプレーをやり遂げることで、存分に試合を楽しもうとする熱情です。中途半端は悔いが残る、中途半端は楽しくない、苦しくても辛くても、時には痛くても、全身全霊で試合を楽しんでこそ自分らしい、と感じる心を日々の練習で作り上げて来ているのだとつくづく思いましたね。次も楽しもう!そのまた次も楽しもう!

  書き忘れがいっぱいあるよ。1つ、今、思い出した。BOA戦が終わって、小菅陣地に来たBOAの監督さんが「小菅のGKは強いね。」と褒めてくれましたよ。「打っても打っても止められた。」と。
 シーダーズ戦、キックオフ、その直後、シーダーズの三木監督、「あ!強い女の子がいない!」と叫んでいましたよ。私、小菅ベンチから、「弟の七五三です。」 温かくていい日和でした。
 「GKで出てみるか?」と翔聡に聞く。「いや」と翔聡首を振る。4年生だからね、来年ならいいと言っていました。
posted by ASADA at 15:39| 日記