2020年11月05日

11/4 11/4 11/5日(木)充実の水曜日

 なかよしさんの練習が盛り上がりました。いつもにまして活気がありました。足技の練習も熱心だし、数もたくさん数えられる。たとえば、足裏タッチ、「11個できたよ!」とか、そうすると隣で聞いていた子、「20個できたよ!」と、11個できた子がすかさず、「いいもん!この前僕はね、41個できてるんだから!」と、競争心も旺盛で、すぐに再チャレンジするわけです。黙々と続ける子もいるし、楽しそうに転げ回っている子もいます。試合になると、更に熱気。攻めるのが得意な子、攻め込んでくる子を止めるのが得意な子とすでに特性が出てきていますね。キーパーが上手な子は数人。ゴール前で、「僕がキーパー!」とまずは味方同士で競り合っています。前半後半と見応えのあるゲーム展開で、応援のお母さん方も力が入っていますよ。
 低学年は、「強いシュート」の要望が試合現場から届いています。足技の練習とキック力をつける練習、更にlは、走り込みの練習と改善点を模索中です。

 3年生がコレーガ大会3連覇。今年は、キャプテンの一翔を4年生の練習試合に帯同した関係で苦しい場面もあったようでした。小菅の子は、それでも頑張る。誰かがいないとその分頑張る。そこが素晴らしいところだと思います。翌日の練習で、怜咲が言ってました。「昨日は、めっちゃ頑張った。」と。、同様にメッチャ頑張った日和が優秀選手賞に選ばれました。閉会式の講評で、この二人は褒めてもらったようです。睦、優咲に続け!ですね! 怜咲の姉の優咲は、ブロックトレセンから都トレセンに推薦されました。睦と一緒に都トレで活動してほしい。

 1年生は、今週も六実小で練習試合を組みました。前回引き分けだった六実に、今回は3勝1分けと勝ち越しました。高根東は強い選手が数人いて1勝二敗と負け越し。攻めの形を、勇織、勇誠が作り、盛愛と寧音が護りました。GKは慶悟。ま、形ははじめだけ、笛と同時に大体崩れて自分の思うところに走ったのが実態ではありますが、「寧音、マークマーク!」と指示すると、はっ!と戻る、「盛愛、後ろから!後ろから!」と叫ぶと、守備を意識する、気持ちは確認できました。収穫!やはりまだ迫力に欠ける。強いシュートもほしい。全体に力強さに欠けるかな。試合現場から、練習メニューへの伝言です。

 練習に戻って。ナイターでは、5年生チームの決定力が目立ちました。相手6/4年生チームでは、睦に凄いシュートがありました。涼太と右ポストの隙間60cm位か、そこに決めたストレートのミドルシュート。見ていて唸りました。涼太の耳の横を通ったよ。琉人の動き・シュートが良くなっています。岳琉の競り合いが強い。姉と組んで攻めた起照のシュートも凄さを出してきています。
posted by ASADA at 20:06| 日記