2020年11月06日

11/6日(金)金曜日の練習

 稜弥コーチとアリオンコーチが指導する金曜日、5年生4年生が多く参加しました。彼らのブラジル仕込みのスタイル・技術・戦術を少しずつ学んで行ってほしい。明るいうちにゲームをと、まず低学年のゲームを校庭で。1年生が上の学年に揉まれながら少しずつ成長していくのが分かる。ただ、3年生がなかなか1年生を認定してくれないので、なかなかパスが貰えない。それでも一生懸命パスを受けられる位置に走り込んでいる子もいて、忍耐力だね、認めて貰えるまで、くさらないで頑張れ。5時少し前に低学年は体育館に入れる。校庭では、高学年練習が始まる。5年生も4年生もほぼ揃っていたね。暗い中で6時まで、しっかり練習していました。
 さて体育館の練習に、なかよしの昇芽君が参加、校庭では大きい子たちと一緒のゲームに「入るか?」と言われて「イヤ」と半ベソの顔でしたが、3年生以下の体育館では見違えるような自信に満ちた顔で元気にプレーしていました。その強さ、驚きました。恐れずボールを奪いに行く、スピードに乗ったドリブル、目指すゴール、競り合いにも強い。第一、表情がいい。明るく朗らかな表情で、生き生きとやっていました。区交流大会が楽しみです。
 今日の足技の練習は良かったです。ボールを止めて一瞬で方向転換、やり方数種類、繰り返し繰り返し練習しました。実戦にすぐに使える技術です。体育館の練習に適した方法で実力を無駄なく付けていける。最後に駅伝大会。走れ走れ。快走。
posted by ASADA at 21:57| 日記