2020年11月09日

11/9日(月)5年生関東リーグ、4年生区大会

 不意に体調を崩し、日曜日4年生の区大会@と月曜日練習を休んでしまった。誠に申し訳なく・・・。日曜日は1日中寝ていました。絶食。「食べるな」と体が言っている。今日月曜日は、お粥を作って少しずつ体を戻していきました。水曜日からサッカーに戻るには、外を歩け、と。2000歩歩いただけで息が切れました。明日はもう少し歩数を上げよう。

 土曜日、5年生関東リーグ公式戦2つと思って行ったら、会場の制限時間でスターキッカーズ戦のみになってしまった。どうも効率が悪いよ、3回参加して3つしか消化できていない。スターキッカーズはいい感じでここまで試合消化してきているので、そこは締めて始めました。
・(6−0)スターキッカーズ・・・・・(前)晴真(琉稀)、琉稀(隼矢)、隼矢(後)琉稀、琉稀、隼矢(晴真)。右Wの琉稀が全開の活躍でしたね。右から、持ち味のスピードを生かした快いドリブルで駆け上がる、ちょうどいいセンターへのパス、左Wの晴真が「よっしゃ!」と丁寧に決める。2点目は、隼矢のパスを受けた琉稀がドリで直接ミドルシュートを決める。センターに返すのも直接打つのも自在の活躍でした。ハットトリック達成です。「晴真不調」と私は言うけれど、結果を見るとそうでもないか、シュートもアシストもキチッとやってるね、自分に言おう、あまり欲張るな。隼矢はチームの勝敗を最優先するとつくづく思う。打つか、アシストするか、瞬時の判断に勝利への強い思い入れが見える。これは尊敬に値する。
・練試(4−0)スターキッカーズ・・・・・(前)ーー(後)涼太(隼矢)、遙人、涼太(隼矢)、隼矢。練習試合は、1212・・・で2チーム分けして前後半を戦いましたが、サッカーは個人技であると同時に組織プレーだからね、いつもの一角が崩れると思うように運ばないことも多々ある。啓太は笑いながらやっていたよ。岳琉は、どんな時も全力で手抜きもないししょげてやることもない、常に平常心で試合に臨む、立派な態度です。

 さて、4年生区大会。8日(日)木根川G。
・(10−1)直紀・・・・・(前)起照(雷斗)、○(OG)、雷斗、×、雷斗、琉人(後)大悟(怜咲)、起照、起照、蓮(琉人)、琉人(後) 4年生の得点屋起照、雷斗、琉人に混じって、蓮、大悟がアシストを受けて決めているのが嬉しいね。起照ハットトリック達成。
・(5−1)本田・・・・・(前)琉人、×、起照、岳琉(後)起照、一翔(日和)前半同点にされた時は驚いただろうね。直後に、起照、岳琉が勝ち越し点を決めに行った主力としての強い気持ちに感動します。翔聡がGKをやり切ったんだね。指の負傷で、土曜日まで練習も試合も休んでいました。良く頑張った。これで4年生は、区大会決勝大会進出の1番乗りとなりました。
posted by ASADA at 19:52| 日記