2020年11月30日

11/30日(月)541年生となかよしさん、頑張った!@

 一体どこから書こうか?嬉しい悩みです。やっぱり、初試合で負けなしのなかよしさんから行こう。
今年のなかよしさんは、どこか内弁慶?他のチームと試合をやるのがちょっと気が進まない?私は、やりたくてやりたくてウズウズしているのです。で、やっと、アクセルジュニアさんのお誘いを受けて、ギリギリ6人で拘置所Gに出かけました。大丈夫かなあ?来てくれるかなあ?勿論、6人揃いました!これでまず第一歩成功!では、試合経過に行きましょう。
@(0−0)・・・(コメント)このメンバーで初めての対外試合。楽しそうに走っていました。
A(0−0)・・・何本かシュートを打ちましたが、決めきれませんでした。
B(0−0)・・・横への動きができていませんでした。
と、ここまでは、0−0の膠着状態。6−1−6分の試合です。ううん、攻めたり攻められたり、かな?ベンチに入ったのは、山本コーチと翔太コーチ。きっと、いい指示が出たのでしょう。次から、試合が動きます。
C(2−0)・・・昇芽、昇芽。お!来た!昇芽君、自分のチームで初得点です。1年生の試合にも出たことがある昇芽君、実は、得点経験があるのですが、自分のチームで得点するのは格別の嬉しさがあることでしょうね。(コメント)少し疲れが見えていましたが、初得点!とても嬉しそうでした。
D(4−0)・・・昇芽、颯太、小柏、昇芽。調子が上がってきましたね。昇芽君に続いて、颯太君、小柏さんも得点。虹君と和樹君は、得意の守備で相手の攻撃を食い止めていました。虹君は、攻め込んで来る相手にタイミング良く当たってボールをカットするのがとても上手いのです。和樹君は、大きな体を有効に使って相手に圧力をかけ相手を食い止めるのが得意です。もう1人の彩希ちゃんは、年中さん。ガッツ!ガッツ!がある。相手もボールも恐れない、凄いファイターです。3回もGKを務めました。(コメント)チームとしての一体感が出てきたと思います。
E(3−0)・・・昇芽、昇芽、昇芽。(コメント)コートを広く使って一生懸命走っていました。
 1試合ごとにコメントがあって、試合の様子が良く分かりました。親子でドキドキが伝わって来ました。温かい1日でした。みんなの盛り上がった空気が、みんなの笑顔が、私の中にも入り込んできて、とても気分のいい1日になりました。勿論、5年生も4年生も、いい結果を出したレバこそのいい気分でした。
 
 はい、いい気分から、1年生が漏れてる?そんなことはありません。私が観ているのは試合結果だけではない、練習風景から観ています。1年生は、28日の練習風景から書きましょう。
 28日の休日練習に参加した低学年は、1年生の5人となかよしさんの昇芽君だけ、6人です。指導に当たるのは、菅澤コーチ、樫村コーチ、翔太コーチと3人。グーパーで2グループに分かれて、1組は菅澤コーチ・翔太コーチの指導を受けました。もう1組は、樫村コーチの指導を受けました。「3人と少人数なので、1人1人を大事に指導してください。」と頼みました。菅澤コーチはドリブルから、樫村コーチはパスから、始めました。子ども1人1人にとっては、最高の練習の場になりましたね。細かい指導から懇切丁寧な指導を受けて、大満足。帰るときに、恵叶君が言いましたよ、「凄い楽しかった。こんな練習がしたい。」と。1年生チーム6人対コーチ3人の練習試合も良かったです。コロナ事情で中止にした小菅杯の代わりに、12/6日こすげ小学校で同じ形の練習会をやります。
 さて翌日の練習試合。結果は辛いものでした。ブルーイーグルスを相手に、@(0−5) A(0−4)  B(0−1)  C(0−3)・・・攻め込んで、あと一歩まで行くのだけれど、最後のシュートを打ち切れない、決めきれない。まだまだ試練は続く、ですね。GKは、慶悟君、翔一君、恵叶君。この試合に、井上そうま君(晴真弟)と仲野あやめちゃん(隼矢妹)が来てくれましたが、2人とも兄たちのプレイスタイルを彷彿とさせる戦いぶりを見せてくれました。ガツガツ行く、恐れない。いい刺激になります。

 4年生剛三郎杯、2位パート優勝・総合5位、5年生関東リーグ連勝で1試合残して1位確定、練習試合負けなしについては、次回とします。
posted by ASADA at 10:37| 日記