2020年12月12日

12/12(土)練習が面白い

 低学年(なかよしさんも)の練習がとりわけ面白い。3年生と1年生(2年生)のチーム作りに子どもたちと励んでいる最中です。昨日は、1年生・2年生で5時に中に入って、練習ーゲームー練習ーゲームと繰り返しました。2回目のシュート練習、見ていると、右から来たボールを右足で思いっ切りキックして見事に外しまくっている。ボールの流れが左に行っているのに、右足を右から中へ振り切るので、それはポスト外へ外れるよね。強くキックしようと足を振り回す、誰もが通る道ではあります。中(体育館)は狭いからね、ゴールは小さいからね、それを有効活用して、ゆっくり丁寧に指導するのです。左足の置き方、右足の合わせ方、「カチッと当てる!振り回さない!」とまずは実感するところから始めました。恐る恐る足を「カチッ!」合わせる、見事にゴールに収まる!こうなると面白い、何度も何度も根気強く練習を繰り返す。試合でできるようになるには、もっともっと経験が必要です。なんと言っても試合では相手の圧力があるし、気持ちは焦ってしまうからね。
 さて、「DFは?」と声をかけると、迷わず恵叶が挙手、盛愛が少し首を傾げながら挙手。「そうだね、2人で頼むよ!」と「GKは橘平、頼むよ!」と。DF2人に、攻めは、勇織、勇誠、寧音、翔一、昇芽の5人。1つのスタイルを指示、トップの昇芽がボランチの勇誠にパス、勇誠の体の向きがなかなか上手く行かない、ゴールに背中を向けてままボールを受けようとする。触れると緊張で体が固まっている。ようやっと向きを整えて、「左足で受けて、すぐ、右足で左Wの寧音にパス!」繰り返す。寧音は、中にドリブルで入ってくる、それを見ながら勇誠、「どこに行く?」と・・・。もう1人のボランチは勇織、右にいる翔一へのパス、パス出した次の動き・・・、翔一がどうしても中に入ってきてパスコースがなくなって・・・。気の遠くなるような繰り返しです。子どもたちは真剣にじっとじっと我慢を繰り返して何とか作ろうと頑張っていましたよ。ゲームにしてみると、昇芽から勇誠にパスが出た途端にDF盛愛が突進して強い当たり、ボールを奪い自らドリブルでゴールに行く!2人のDFが強いのです。狭いからね、すぐにDFの圧力を受けて攻撃陣は何もできない。盛愛が当たっているとき、ドリブルで駆け上がっていくとき、恵叶はどこにポジショニングするか、何をするか?と投げかけながら進めました。ゲーム後、盛愛が「攻めの人たちは小さい。」と感想を述べました。「君だって小さいよ。」と応えたら、「でもね、僕は23Kgあるから!」と強気な自信を示しました。「そうだよ、体重も大事なんだよ!えらい!」と私。ゲーム後、やられっぱなしのオフェンス陣はしょんぼり、キャプテンの勇織は涙目でした。練習ゲームとは言え子どもたちは真剣なのです。子どもたちにとってゲームはどのゲームも同じように価値があるのです。勇織と勇誠と寧音、もっと気持ちを解放させて、失敗しながら思いっ切りやってみようよ。少しお行儀が良すぎるかな?これも、経験の内、今に今に、自信を付けて強気なプレーに目覚めるよね。オフェンス陣では、ただ1人の年長さん昇芽君の活躍・強さが光りました。相手はみんな年上、それでも少しも怯まず戦っていました。更に、後半は、盛愛の攻撃に備えて自らゴール固めに入るなど、危機管理もできていました。たいしたものです。20日(江東区)と27日(江戸川区)の練習試合が楽しみです。最近、時々勝てるようになってきた1年生の成長を楽しみにしていきましょう。コロナに気を付けてね!
 実は、3年生の陣形を確認するつもりだったのです。が、人数の関係で、稜弥コーチとアリオンコーチに預けました。月曜日に、やります。○バックを実戦指導していきます。ポジションをある程度固定しながら試して行くので、みんな練習に来てね!
 水曜日のなかよしさん、和紀君の攻撃参加が光りました。いつもだと後方に控えていることが多い和紀くんですが、この日は積極的に競り合い競り合い攻めて攻めていました。体が大きい分、競り負けしない、そのことに自分でも気がついた感じでした。また1人、強気のプレーヤーが誕生かな。嬉しいです。
posted by ASADA at 09:31| 日記

2020年12月06日

12/6日(日)練習会

 こすげ小学校で午前中は、低学年となかよしさんの練習会、午後は高学年の練習会。ブロック大会出場の4年生と3年生数人は水元へ。
 まず、低学年・なかよしさんの部。20数人が参加でした。5〜6人ずつグループ分けして4人のコーチが指導しました。なかよしさんの部は翔太コーチ。まだ学生ながら、園児の目線に合わせてメニューを組み立てていたのはさすが。ボールばかり見るドリブル、いかに目線を上げさせるか、その工夫が素晴らしいと思いました。みんな大喜びでやっていました。
 午後来たのは5人だけ。コーチと同数、気落ちしてしまいます。睦、優咲、遙人、晴真、隼矢。菅澤コーチはこの5人に合わせてちゃんと準備してありましたね。5角形から出すパスは5人とも申し分なし。タッチしてパスを出す早さ、ボールの速さ、角度、よし。時々失敗あるも、許容範囲の内。ボールが2つになって、真剣さが増しました。5人の息は合ってるね。次に攻めの組み立て、基本の動きを一つ。DFがWにパスを送る、すぐオーバーラップ、Wは、ボランチにパス、ボランチはラインを駆け上がってきたDFにパス、ドリ、そしてセンターにボールを入れてゴールを狙う。翔太コーチ、樫村コーチも入って、7人で繰り返し繰り返し、まずはボールの回し方、走り方を練習しましたが、みるみる飲込んで場に合わせて応用していく、そこが凄いと思いました。ナイター練にも生かしたい。
 子ども対大人の試合を最後にやりました。子ども5人対大人は4人、菅澤コーチ、樫村コーチ、翔太コーチ、山本コーチの4人です。普段走り慣れてない大人にとってはちょっときつかったようでした。
posted by ASADA at 20:58| 日記

2020年12月05日

12/5日(土)6年生区JSL大会A、4年生ブロック大会

 寒い寒い1日でした。しかも奥戸は、コロナ対策でスタンドで弁当を食べてはいけない、私は外で食べましたが箸を握る手がかじかんで自由にならないほどでした。しかも、小雨降り続ける中での試合となり、子どもたちの負担は相当に大きいものでした。4年生ブロック大会と重なりましたが、起照、岳琉、雷斗、琉人の4人が1試合目には来てくれました、が、南綾瀬に勝ちきれなかった。引き分け、又もや最後の1分を逃げ切れなかった。開進一に続く引き分けで勝点3を逃してしまう。本当に残念でした。しかも今回も、先取点を許す展開。隼矢のゴールで同点とし、後半遙人の素晴らしいドリブルシュートで1点勝ち越すも、その後の好機を決めきれず終了間際に同点とされてしまった訳です。なんとしても欲しい勝点3でしたが、やむなし。子どもたちは一生懸命だったのだから。
 2試合目は北野戦。ベストメンバーでも、勝ったり負けたりしている相手。小菅は、4年生がブロック大会に向かった後の試合で、3年生まで投入してのチーム編成でした。怜咲と芳樹、この寒いl中良く来てくれたモノです。6年生の試合ですよ、3つ上の選手と渡り合うのだから大変なものです。芳樹に「怖くないか?」と尋ねました。ウン?と首をかしげて、考えている。よし、コレなら大丈夫。怜咲は、誰が相手でも恐れず戦う子です、こちらは大丈夫。前半すぐに、サイドバックの芳樹のところに北野の攻めが来ました、この時だけですね、芳樹がちょっと怯んだのは、後は普通にのびのびとプレーしていました。広いピッチで大きい学年に混じって戦うことを楽しんでいるように見えましたね。思いっ切り走って思いっ切り絡んでいました。パスもしっかり出していました。後半、北野攻めと小菅DF怜咲のちょうど中間点にボールが出た、トップにいた隼矢が「怜咲、取れ!」と声をかけました。猛然とボールに突進していた怜咲、言われるや更にスピードアップして一瞬の差でボールにタッチ、前方に送りました。「凄いよ!」とベンチの前、見ました。少しもスピードを落とさなかったね、恐れを知らぬプレーでした。2人の3年生の活躍に感謝。琉稀が先取点、右から隼矢がゴールラインギリギリまで持ち込んでセンターに入れた速いボール、GKの前を通過して逆ポストに達する当たり、右から回り込んでそこにポジショニングしていた琉稀がグイ!と押し込んだゴールでした。前半2失点するも、後半隼矢の同点ゴールで一息つきましたが、逃げ切れなかった。最後の最後に3点目の失点で、2−3の逆転負けでした。2勝1敗1分け、残るブルトンに絶対に勝とう。上位に付けることで、決勝トーナメントに有利な位置取りをしたい。
 4年生は、ブロック大会2回戦でJunsに5−1、明日の3回戦に進みました。修徳と当たるね。負けるな。
posted by ASADA at 22:16| 日記

2020年12月01日

12/1日(火)A・・・5年生、4年生の活躍

 28日(土)5年生は関東リーグ2試合。4年生が剛三郎杯の為、5年生のみでチームを編成、かなり厳しいがやむを得ません。ちょうど8人が参加でした。なんと言っても優陽は試合経験が浅い、まだ2回目です。優陽をどこで先発するか、そこから模索が始まりました。だけじゃない、GKの涼太が指の負傷でできないと言う。審判と相手チームにお断りを言って、ビブスで諒太朗がGK先発。
@(6−1)左近・・・・・(前)×、隼矢(琉稀CK)、隼矢(FK)、隼矢。いきなりの失点にはがっかりしました。この子たち、どうもこう言うところがある。明海にも先取点を許している。10−1で勝ちはしたものの、これは何でしょう?緩い起ち上がりで失点して、致命傷になることだってあるのです。(後)遙人、隼矢(琉稀)、遙人(琉稀)。琉稀がアシストに徹していました。左近の5年生はとてもいいチームでした。気合いが入っていたし、足の速い子がいました。決めたシュートは、右からの見事なミドルシュートでしたね。
A(5−0)草加両新田・・・・・(前)遙人(後)隼矢、琉稀、遙人(隼矢)、隼矢。これで関東リーグの成績は、6戦全勝、1試合残してブロック1位が確定しました。2試合通して、諒太朗のGKが安定していたことが成果でした。決まったか?と思ったシュートを2本止めています。左手をグン!と伸ばして、左手だけでセーブしています。ハンドキックも良かったね。
 29日には、ブルーイーグルスと練習試合。ブルーイーグルスの5年生はなかなかいいチームなので楽しみにしていましたが、この日も4年生は剛三郎杯、5年生は7人でした。7人制でやってもらう。2バックは陸貴斗と晴真、あるいは陸貴斗と遙人、2回ずつ試すも未だ決心がつかず。判断は、ナイター練で観ていくしかないか。
@(5−2)ブルーイーグルス、A(2−2)ブルーイーグルス、B(1−0)ブルーイーグルス、C(1−1)ブルーイーグルス。女子が3人いましたね、ボランチ、センターバック、トップ、と要所要所で先発していました。さて、関東リーグ残り南流山戦は、12/27日(日)小菅A面になるかもです。有終の美を飾りましょう。

 4年生剛三郎杯は、トーナメント戦、PK戦も1つありました。とにかく、最初の試合に勝とう、そうすれば、上位進出となります。見事、初戦突破、8位以上が確定しました。
@(3−0)市川中央トレセン・・・・・(前)起照、起照(後)起照。起照が3得点、トップの責任をしっかり果たして2回戦へ。この2回戦はきつかった。
A(0−9)トッカーノ・・・・・試合途中で、中山コーチからメール「2回戦の相手は、1回戦でスカイ二砂から18点取ったトッカーノと。まだ前半ですが、もう何点も取られています。」いやあ、トッカーノはやはり強いか。で、2位パートへ回る。
B(2(4−3)2)藤崎・・・・・(前)雷斗(起照CK)、×、琉人(後)×。琉人が足を痛めベンチになったのが痛かったです。これでPK戦。○起照、○岳琉、○雷斗、×蓮、○啓太。相手は、2回失敗、坂元先生のメールには、「相手は勝手に外した」とありました。きっと、翔聡の構えが相当の圧力になったのでしょう。
C(4−0)FCEDO・・・・・(前)一翔(雷斗)(後)起照、雷斗(琉人)、起照(蓮)。区大会で苦戦した北野に勝って勝ち上がってきたEDO、警戒して臨みましたが、3年生の一翔が先取点でチームに自信が湧き上がりましたね。
 2位パート優勝!は、立派です。4年生、12月〜1月には練習試合が続きます。更にチーム強化を実現していきましょう。
posted by ASADA at 21:32| 日記