2020年12月14日

12/14日(月)3年生はテスト中・成長中

 昨日は3年生の区JSL大会@。直紀と2チームだけの枠でした。
@(8−0)直紀・・・・・(前)颯太(一翔)(後)一翔、怜咲(一翔)、怜咲(日和)、日和、颯太、一翔(怜咲)、日和。新たに1トップに起用された颯太が先取点、よしよし。後半は、いつもの顔ぶれで7得点しています。DF陣の翔と大悟がしっかり後方から支援しました。中盤を受け持つ一翔・怜咲・日和の強さと安定度が遺憾なく発揮された試合でした。
A(8−0)直紀・・・・・(前)日和、日和、日和、怜咲(一翔)(後)怜咲、日和、颯太、修葵。2試合目も同じような展開となりました。前半の4得点で、相手は相当ダメージを受けたでしょうね。
 金子コーチのコメント。2−4−1と3−3−1を使い分けて試して行ったとありました。3年生は今まさに2−4−1に切り替えつつあるところ(練習で)、実戦で試す場を得たことは願ってもないことでした。個人的には颯太と祐貴のことが褒めてありましたよ。素直で良く話が聞けるので上達が早いこと、味方もパスを通しやすいこと。コレは大事なことです、信頼されないと味方からパスを貰えないからね、幼くても仲間を大事にする心が大事なのです。これらのことを念頭に置いて今日は3年生のフォーメーションの練習をしました。2バックは翔と大悟、どちらが行くか、いかにカバーし合うか。中盤の4人は、左から一翔、日和、怜咲、修葵としました。大悟が攻撃の仕掛けで上がったとき、中盤の誰が下がるか、1つ1つ場面を作りながら動いて行きました。幸い雨が上がった校庭で、1年生チームと練習しました。2・1年生チームは、恵叶父が指揮、攻めてくる3年生を相手に良く戦っていました。トップに入った南琉が良かったね。颯太欠席で南琉でしたが、南琉なかなか良かった。これまでの温和しいだけの印象が、おお!いいシュートを打てるじゃないか、に変わった瞬間でした。練習熱心できっとこれから伸びてくるね、楽しみです。
 子どもたちの成長期は1人1人違います。12人の3年生が、それぞれに個性を発揮しながら、いつ、どんな形で伸びてくるか、とても楽しみです。
posted by ASADA at 22:44| 日記