2021年01月31日

1/31日(日)5週間ぶり!

 子どもたちに会ったのは実に5週間ぶりでした。今日は天候も良く、本当に楽しかったね。
 午前中9時半〜12時は、低学年となかよしさん。嬉しかったのは、こんな時期にも関わらず体験の子が3人来たことです。メールで申し込みを受けて24日から待っていたのですが、その日は生憎の雨、それでも今日は会えました。もう1人申し込みを受けていましたが、その子は日程の調整がつかなかったようでした。
 低学年の偉いところは、殆ど欠席がなかったことです。2・3年生は金子コーチ、1年生は中澤コーチと高見父(コロナで資格取得の講習会がなかなか開催されず、今はひたすら待機中)、なかよしさんは中山コーチが指導しました。どの学年にも共通していたのは、生き生きとした活動ぶりでした。コーチたちの力のこもった明確な指示、常に1人1人に注目しかける言葉、それが子どもたちのやる気を高めていましたね。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

 3年生は、身体も大きくなりその分思考力も付いてきたようです。ん?「怜咲の動きがいま一かな?」とコーチに質したら、「足を捻挫しているようですよ。」そうか、分かった。子どもたちは学校で良く怪我をする。活発な子ほど怪我をする。早く治してほしいです。2年生の橘平は元気でした。左に展開するプレイが3年生に混じってきちんとできていたね。1年生、みんな平均点は高い、けど、温和しすぎる。試合で、「奪う、ドリブルで仕掛ける、PA内に侵入する、が、シュートを決められない・・・。」とコーチたちが我慢強く待っている成長、今年は見せてくれるのかな?盛愛のドリブルは健在でした。1年生、もっと盛り上がれ。がむしゃらにやってみな。何か開眼するかも、よ。今度1年生に上がってくる年長さんの中には、強い子がいるよ。刺激を受けるかなあ?なかよしさんは、明るく元気いっぱいでしたね。今までは後方に控えて相手の攻めをカットする専門だった虹君が、奪って、仕掛けてシュートを打っていました。嬉しい驚き。体育館では、「奪ったら、そのまま、行けええ!」といくら言ってもその場に留まっていたのに、この変身。サプライズです。昇芽君と塚本兄君の対決も見応えがありました。数回の競り合いの後、双方相手を認識し大いに刺激を受けていたようです。小柏ちゃんも刺激を受けていましたね。この子たちが、今の1年生に合流してくるのが今から楽しみです。

 さて、高学年、低学年練習の熱気が一気に冷める思いだった、な。まず、欠席が多すぎる。樫村コーチと話し合って、「この少ない人数だからできる、個々の運動能力を今日測って見ましょう。」記録を取りました。@長距離走・・・晴真10分13秒、遙人10分21秒、隼矢10分33秒。特筆すべきこと、翔聡は17分55秒かけて完走しました。時間がかかっても怯まずやり遂げたことに感心しました。1位だった晴真、あれは作戦だったのか?スタートはゆっくり、トップの隼矢、遙人から20mくらい遅れて淡々と走っていましたからね。それが3〜4周目辺りで先頭の2人に迫り、6周目辺りで抜き去るとあとはしっかり走って2位に8秒差をつけてゴールイン。A10mダッシュ・・・隼矢3:92、遙人3:97、琉稀3:99。B10mドリブル走・・・晴真2:11、隼矢2:14、琉稀2:19。AとBは一人一人2本ずつやってその平均値をとりましたが、試合となるとまた別のベクトルが働くからね、現場にやたら強い子っているものです。相手のプレッシャーがあるからこそ、精神が高揚し本当の地力を発揮する子、そんな選手を目指せ。もちろん、この@ABは、地力の基礎を構成する能力だから大事にしてほしい。

 はっきり言って、試合勘は低くなっている。オリンピック選手だって国際試合、国内試合ができないで相当に試合勘が失われしまったと嘆いているコロナ禍です。緊急事態宣言下にある今、私たちに何ができるだろう?大事なことは、日常的な活動をしっかりやることですね。「次の練習会はいつですか?」と聞かれて即答できなかった。まず、会場確保から。地元コーチたちは、「練習会できます。」ととても前向きでした。
隼也3:92、遙人3:97、琉稀3:99
posted by ASADA at 21:08| 日記

2021年01月25日

1/25日(月)ただ準備

 毎日PCに向かい合うのだが、日記が書けない。サッカーなし、子どもたちとの接触なし、では何もかけないのだな、と今更ながらです。サッカー中毒、サッカー依存症と言われています。仕方ない、日々の雑感を少しばかり。

・先月末以来、県境を越えていません。もっぱら自粛中です。体力が落ちないようにひたすら歩いています。ウォーキングです。昨日は濡れながら震えながら6000歩、今日は汗をかきかき8000歩。自宅から歩いて10分足らずのところに松戸市の陸上競技場があります。私の自宅で夏合宿していた頃ここでサッカーの練習をしたこともある。去年整備されてきれいになった。陸上競技、サッカー、ラグビーができる。表看板に、「オリンピック・パラリンピック・ルーマニア、ドミニカ共和国のホスト市・松戸」とある。そうなんだ。ルーマニアやドミニカ共和国の選手はここで練習・調整するのだな。今は、ガランとして寂しい。きれいになった分ガランとしただだっ広い競技場は去年来いつ見ても無人で寂しいよ。
・オリンピック内定選手の言葉を昨日ラジオで聞いた。氏名は不明、それが約束でのインタビューです。「アスリートとしてはやりたい。1国民としては開催反対。命が最優先です。」誰だろう?
・大相撲、大栄翔が初優勝。母子家庭育ちの大栄翔は母親が大好き。(みんなそうだよね。)小学校1年生から土俵に上がった大栄翔、中学時代の総監督の言葉。「素直さにかけては天下一品。素質もあったが、助言を受け止め、真剣に努力していた。」すべてに通じる、成長していくための大切な素質ですね。総監督も立派な人だったのだと思います。
・久保選手。「技術は最高。だが、監督は、荒削りでも体幹の強い戦闘能力の高い選手を選びます。」桜井君を思い出す。トップを得点力の優れた年下の奏斗に任せ、そのやや後方で状況変化に対応して常に網を張っていた。桜井君は本当に強い選手だった。桜井君に触れると吹っ飛んでいたからね。恐れられる選手でした。学校対抗サッカー大会が3区対抗大会(葛飾・江戸川・江東)とかさなったことある。優勝を狙っていた私は迷わず小菅の56年生を連れて行きました。小菅小監督の先生に恨まれたよ。でも自信を持って言いました。「桜井(当時4年生)を残します。桜井が勝ちますよ。」その通り、小菅小は桜井中心でブロック大会1位となり決勝大会に進んだのです。その桜井君が、度重なる怪我でサッカーを断念したのは痛恨の極みでした。同じ箇所3度目の怪我、医者が「もうサッカーはできません。」と告げたのです。「就職します。」と挨拶に小谷野小学校に来たとき聞きました。「(相手のタックルは)故意だったの?やむを得なかったの?」即座の返事でした。「やむを得ないタックルでした。」最近、会ってない。元気かな。どこにいても、何をやっていても、しっかり生きているに違いない。

 今日は、ここまで。
posted by ASADA at 13:59| 日記

2021年01月16日

1/16日(土)気合いを入れて!   

 長い無沙汰でした。気合いを入れて、HPを更新します。やっと、書くべき方針がはっきりしましたので。
posted by ASADA at 21:22| 日記