2021年05月26日

5/26(水)5年生区大会@

 未完成で臨んだ5年生区大会@でした。それでも、5年生と4年生で、今できる最高の試合をやってくれたと思っています。苦しかった低学年時代を振り返ってみよう。PK戦になったとき、ゴールまでGKまで届かなかったキックもあったね。中学年で区大会優勝も果たしているね。高学年になった今年、一歩戻ったか、恐れずへこたれずこの経験を今後に生かして行こう。諦めない限り、可能性は無限大です。
 @小菅(1−2)幸田・・・・・(前)、(後)××起照。幸田のキック力は小菅を上回りしっかりしていました。ワンタッチ、ツータッチで大きくキックしてくる。キックランのサッカーです。中盤でつなごうとする小菅の頭上をボールは越えて行きました。すっかり向こうのスタイルでの試合運びを許してしまった。どう対応するかは大きな課題です。足の速さとキックの強さにやられましたね。コーチ陣の課題克服力に期待します。
 A小菅(5−0)柴又キッズ・・・・・(前)起照(後)啓太、起照(日和)、啓太、一翔(起照)。キッズも小管に勝てば2位浮上で決勝トーナメントに進める。起ち上がりから暫くは、ベンチ・選手一体となって激しい声が飛んでいましたが、起照が先取点を決めた時点で少し気持ちが落ちたようです。警戒して前半DFに置いた啓太を左Wに、すぐに結果を出してくれました、2点目。これでずいぶんやりやすくなりましたね。やっっぱり啓太はウィングでやりたいんだな、と改めて。ボランチでやりたい起照も、どうしても得点したい時はトップに出すし。更に、翔聡もフィールドに欲しいし、と・・・。「岳琉と2ボランチでやりたい」と言う起照の希望も心にしっかり刻んではいるのだが。育成途上の5年生チーム、あと2〜3人、5年生の選手がいたらと。

 さて、月曜日の練習が楽しかった。月曜日は低学年の練習日なので人数が少ないのだが、いつも兄たちが数人来てくれる。一昨日は、岳琉、啓太、一翔、怜咲の4人が来てくれました。これで十分、まず手本のプレーを見せてくれる。速さ、技術、真剣さ。2年生も1年生も意識は高いので熱心に見ている。
 4人に年長さんの敬人をGKにつけて、2年生チームの相手をさせました。ペナルティを付けました。❶スリータッチまで ❷必ずゴロパス。シュートは少し浮いても良し。ただ2年生の相手をするのではなく、この4人の練習にも必ずなるようにと課した条件です。見事でしたよ。左から啓太、岳琉、怜咲、一翔の布陣。岳琉と怜咲が後方から実に優れたパスを左右に送る(時々3タッチ制にひっかかる)、2年生相手だと圧力があまり掛からないから高い位置でボールを奪うと攻め込みセンターにパス、速さ強さコースと揃ったミドルパスがゴール前まで届くや啓太が難なく決める。「おーい、盛愛、逆サイド見て!」「啓太がいるよ!」と何度叫んだことか。これでも分かるように、2年生の課題の一つは、ボールにつられて逆サイドが見れないこと。ま、ボールにつられて逆サイドを見落とすのは2年生に限らないが。2年生、まだまだ団子。DFだけではない、攻めの勇織と勇誠もいつも一緒にボールに行く、くっついている。2人の位置が近すぎてパスが出せない。持ちすぎて、逆サイドの味方が見えない・・・。経験を重ねるしかありません。きっときっと、出来る日が来るよ。いい練習方法を研究しました。今度の練習でやって見ましょう。
posted by ASADA at 10:35| 日記

2021年05月17日

5/17(月)2年生6年生練習試合

 2年生の練習試合で痛感、小菅はもっとたくましくならねばならぬ、。小菅の2年生も凄く強化されて来ているが、他区にはもっと強いチームがある!と実感、実感。先週のはるひ野しかり、昨日の練習試合しかり。MTCの6番8番は、体がガッチリしていました。競り合い、走り、ミドルシュートを打ってきました。小菅の1年生4人も良く頑張っていたけど、やっぱり圧倒される場面が多かった、1年の年の差はヤムを得ぬ。いったんは追いついたんだけど、終了間際に勝ち越し点を決められてしまった。次は勝とうね。
@小菅(1-2)MTC・・・・・(前)×(後)勇誠、×。
A小菅(3−0)武蔵丘・・・・・(前)ー(後)勇織、勇誠、昇芽。武蔵丘には勝ちました。体が大きくはじめは警戒しましたが、勇織が先取点を決めた時点でみんなの気持ちが上がりましたね。武蔵丘は来週の練習試合にも来ます。代表の志村さんが「うちの2年生は弱いからね、鍛えて下さい。」と言っていたけど、きっと鍛えて来るよ、昨日3点取った、23日はもっと取ろう。
 6年生は、チーム改造中、なかなか進まぬ。
@小菅(4−0)リバティー・・・・・(前)隼矢、隼矢(後)晴真、優陽(晴真)。
A小菅(2−1)MTC・・・・・(前)晴真(隼矢)、○(OG)、×(後)ー。強い不満が残った試合でした。もっと攻められた筈。6年生の欠席が多く、出場した4人(3試合目から琉稀参加)の負担が大きかったのは認めます。が、小菅の5年生は他チームの6年生に劣らぬ働きができる子たちだよ、6年生の意識をもっと高めてほしい。特に、得点源の隼矢にはゴールに迫る高いイメージを持ってほしい、ちょっと相手が強くなるともう何もできないのでは残念でならぬ。
B小菅(0−1)大泉学園・・・・・(前)−(後)×。後半、始まる時点で勝負は付いていたね。大泉学園の子たちは、「点取るぞ!」と声を掛け合って入ってきた。小菅は漫然と入ってしまった。ここは、ベンチの責任です、大泉学園の気合いの入った声を聞いた瞬間、「ワッ!」と思ったが、手遅れ。ベンチに緊張感が足りなかった、参った。勝つ!気合いが足りなかった、参った。すぐに1点取られ、その1点で負けてしまった。
C小菅(2−3)武蔵丘・・・・・(前)×、隼矢、琉稀(後)××。未だ勝ったことのない相手です。いったんはリードして気持ちが上がりましたが、後半は力つきた感じ。ゴールキックの晴真が座り込んだのを見て、「相当疲れているな。」と思いました。自分からは決して弱音を吐かぬ晴真ですが、負担が大きすぎる。大泉学園戦、武蔵丘戦は3バックで晴真はセンターバックを務めました。BCでは、トップなしで行きました。隼矢が後ろ向きでプレーするのを何とか改善したい、1つのテストです。その点、武蔵丘の11番はクレバーなトップぶりでした。常に前向きでボールを受けようとする、フリーになってボールを受けようと動く、大きな体を生かして、CKからヘディングシュートを決めたのもこの11番。相手CKと見るや、1番危険な相手プレー屋のマークに戻っていました。やや重いかな?と体格から判断していましたが、動くのを惜しみはしない、実に献身的。味方にあれこれ言うより自分がいかにプレーするか、いかに先に先に仕掛けるか、そこに意識を集中していましたね。収穫は、晴真が思った以上に成長して来ていること。自分からは語らぬが、話しすると、攻撃の要点を理解しているのが分かる。その晴真を支えるのが陸貴斗です。2人は最近とてもいい関係になってきているよね。水曜日のナイター練習が、きっと問題を解決してくれると思っています。少なくとも晴真と遙人は、攻撃の仕掛け方を分かって来ています。練習を重ねて問題を解決していくしかないよ。
 さて、大泉学園戦でMTCの監督が来て、「急に変わったね。強くなった。」と。私、「1人、テストから帰ってきたんです。」「そうか、その子で変わったのか。」8人制では、本当に1人1人の構成メンバーでチームがガラリと変わるのです。その琉稀、武蔵丘戦では1点決めています。も1つ、隼矢の動き次第で小菅はもっともっと点が取れるチームになります。今は、コレまでのやり方を改造中、隼矢の奮起を待っているところです。伊藤コーチの頭にはすり込み済みです。
posted by ASADA at 10:45| 日記

2021年05月15日

5/15日(土)練習雑感

 昨日の練習から。
・圧巻は、練習ゲームの中での、晴真と隼矢の競り合い。最近体が大きくなって体格面でも自信を付けている晴真、豊富な運動量を生かして護りから攻めへ転換が早く、相手陣地内で護る隼矢と激しく競り合いを演じた。どちらも譲らず諦めず、ボールがラインを割るまで続いた体のぶつけ合いは圧巻でした。
・給水時、石段に戻ったら、瑛志君が「うわーーーんん!」と大声をあげて泣いている。見事な泣きっぷり。「どうしたの?」と周りに聞くと、「瑛志君の水筒の水がこぼれて勇織君のリュックをぬらしたの。『謝った方がいいよ、と言ったら泣き出した。』」とのこと。見ると、勇織が濡れたリュックを一生懸命拭いている。フム。まずは年下の瑛志君を慰めるも、いやいや泣き止みそうにない。「じゃ、思いっきり泣いて良いよ。一分間。一分間経ったら泣き止もうね。」と。その間に勇織を少し離れさせる。「1年生だから、一分間。なかよしさんはずうっと。」とか何とか言ってる間に一分間経ったのかなあ?気がついたら瑛志君スカッと泣き止んでいた。何とも爽やかな顔。フウム。「じゃ、勇織君に『ごめんね。』と謝ろうか。リュックが濡れちゃって困ってるよ。」間髪を入れず「ごめんね。」、すぐに「いいよ。」と勇織。「良かったね、いいよと言ってくれたよ。」で解決。2人はもう何回も一緒に戦っている仲間、チームメートだからね、基本的なところで信頼関係ができつつあるのです。
・その時ちょうど近くにいた、勇織、恵叶、勇誠に「4年生チームに入って戦うことがこれからあるかもしれないけど、2つ上の試合に出るのは怖いですか?大丈夫ですか?」3人揃って「怖くない!大丈夫!」とやる気満々。よしよし。チーム編成上、2年生から数人、4年生の試合に帯同する日が来ると思います。
・芳樹と遥希が、左Wからゴールを目指して疾走するのを見ました。一生懸命だったのが見ていて気持ち良かったね。
・諒太朗と優陽が頑張っていました。隼矢のドリを止めようと走り始めた優陽、やや遅れるも「止めるな、付いて行け!」と声かけると、遅れながらも追走、それで良し。諒太朗は、チームの底で味方に良いパスを配球していました。
・校庭のブラシ掛け、水曜日のナイターでも感じたけど、6年生が先頭に立ってしっかりやっていたよ。
・志村コーチの準備OK。1人がコーン2つ、幾つかのドリブル指導。必ず師範する、ゆっくり丁寧に繰り返し繰り返し。低学年の子たちにも分かりやすく、繰り返し繰り返し。食い入るように見ている子どもたち。1年生も自分なりにこなし、頑張っていました。ちょっとでも上手く行くと、「いいね。いいね」と褒めていました。
posted by ASADA at 09:28| 日記

2021年05月13日

5/13日(木)久しぶりのナイター練習

 本当に久しぶりの練習、宣言発令中ではありますが校庭のみは開放されたのです。まず、なかよしさん。3時ちょっと前になっても誰も来ないので、「大丈夫かなあ?」とやや不安。体育館は閉まったままなので(いつもと違う)門まで迎えに行くと、「や!あきちゃん!」お母さんの自転車に乗って。半袖で寒そうな顔でも、やる気は満々。続いて、続々。12人が集合しました。練習中止になって数週間、良く忘れないでいてくれましたね。足元の練習、ボールタッチ ボールコントロール、大丈夫、サッカーへの気持ちは変わっていませんでした。ゲームで「お!今年もスターが生まれそう!」と感じました。2〜3人です。はじめは、K君の一人舞台でしたが、展開に慣れてくると、K君を止めようとしっかり強く体を寄せ競り合う子が!目の前で2人の競り合いを見ましたが、R君の圧力のかけ方が凄かった。いいなあ、ゴールを目指す子も数人、来週からの練習が楽しみになりました。
 そして、ナイター練習。「今日は行く」と決めていました。伊藤コーチの練習を見たい、小菅の6年生の緩さを解決の方向へ、とその期待が実現するのか、実際に確認したい。始まった練習、5・6年生組と4年生組に分かれて、そのどちらも手抜かり無くしっかり指示し指導し、密度の高い練習を実現していました。時間配分、両グループへの指導配分、実に上手い。5・6年組が給水中、4年生の練習に集中、1分も無駄にしない、いちいち集める回数は必要最低限、時間は短く内容は濃く、核心を突く言葉、指導、たいしたものです。「前に教えただろ?」とかコーチとしての言い訳は一切しない。上手く出来ないと、そんなのは折り込み済みとばかりに(1回2回指導して出来るようになるか?1000回指導しろ、です)、丁寧に丁寧に繰り返し繰り返しやってみせる。食い入るように見ている子どもたち、伊藤コーチへの信頼感が厚いと分かります。しかも伊藤コーチ生来のユーモアが子どもたちの心をくすぐる。楽しさと厳しさ。「見ていて楽しいよ。気持ちがいいよ。」と何度も伝えました。私が気になる1人1人については、事前に少し予備知識として伝えておきました。
 練習中の心に響いた伊藤コーチの言葉。
・「自分を否定するな。」この言葉はいいね、と帰りの車中で。「子どもたちって、自分を否定しがちなんですよね。出来ないとか、自分は駄目だとか。反省は大事だけど、自分を否定してはいけないと思うんです。」
・「動きのコースを自分で常に2つ作れ。易しいコースと難しいコースと。そして、できるだけ試合中は難しいコースを選べ。相手が付いて来れないように。」
・「難しいところに入り込め。体をねじ込め。」隼矢、晴真の動きに「good!」と即座に褒める。確かに、狭い密集地帯に鋭く入り込むプレーをしていました。
・まだいっぱい。今度ね。
 遙人を久しぶりに見る。「今日の練習は絶対行くんだ。」と楽しみにしていたと母の言葉。コーチとしては嬉しい言葉です。試合で、「ちょっと体力的に無理が来ているか?」と感じていたのですが、いやいや素晴らしい動きでしたよ。技術も運動量も判断力も、衰えなし。「練習に週1回しか来れなくても、体力が落ちないように自分で出来ることをやろう。家の周りを走るとか。」間を置かず、「走ってます、毎日公園で走ってます!」えらい。自己トレって余程意識が高くないと出来ないんだよね。遙人は、しっかり出来ているんだね。
 陸貴斗と起照の激しい競り合いを見ました。自信を付けている起照、意識を高めている起照、負けてなかったね。陸貴斗も、今大きく成長して来ている。競り合いながら、鍛えて鍛えて強くなれ。隼矢のゲームへの集中力の高さを感じて満足。「半身」も良し。16日の練習試合で検証できる。これまで一度も勝ったことの無い武蔵丘に一歩でも迫ることができるか?大泉学園に通用するか、ワクワクするね。
 最後に、伊藤ダンス。下半身の柔軟さに驚く。股関節の柔らかさ、可動範囲の広さ。そして、速く鋭い動きは筋肉の柔らかさ強さを表現する。同時に、子どもたちに出し惜しみせず自分の全てを伝えて行こうとする豊かさを感じました。「やってみな。」と言われた晴真、恥ずかしがって首を振っていたけど、ちょっと見渡したら、翔聡が真似してやっていたよ、いいね。
posted by ASADA at 09:56| 日記

2021年05月12日

5/12(水)2年生はるひ野デビュー

 2年生が9日(日)はるひ野デビューしました。これまでも数々の学年がはるひ野で強豪に出会い実力をアップしてきました。優勝も何度か。強豪チームに勝つのは自信になりましたね。今年の2年生が、はたしてはるひ野で戦えるか?逡巡もありましたが、2年生の強い願望もあり、エントリーとなったわけです。
 分かったのは、バディの強さです。予選ブロック1位で決勝大会に進んだ4チーム中3チームがバディ。今までに無かったことです。考えましたね。このコロナ禍で、公的施設を使えない、つまり練習場も練習試合も公式戦も失った大半のチーム、そんな中で、自前の施設を持つバディは普通通りの練習・練習試合に来る日も来る日も励むことができた。数ヶ月間のこの差は大きい。決定的な差が付いてしまったと思います。この差を埋めるのは容易ではない。しかし、どこのチームも、頑張るでしょう。小菅も、勿論頑張ります。
 小菅の予選ブロックの相手は、3つバディでした。残念ながら3敗。3試合目で足を負傷しベンチに下がった勇織の不在は痛手でした。そんな状況に負けず、勇誠を中心に攻めを組み立て、恵叶と盛愛でゴールを護りました。GKは1年生の開士。開士は強い、怖がらない、積極的に相手に向かっていく。体格もいいので、「GKで使ってみて下さい。」と伝えてありました。2年生チームでいつもGKを務める慶悟、翔一君が不在、迷わず開士GKで行きました。「何度もチームを助けた」とありました。最後に、唯一バディではない若草と対戦、若草もバディに3敗できています。組み合わせを見たとき、「若草も強い。しかし、勝機があるとしたらここだな!」と期待していました。前半は2点のリードを許しています。が、後半、颯人、勇誠のゴールで追いつき、勢いに乗って、「もう1点!」となったところで笛、引き分けでした。お互いに勝点1、得失点差で小菅が1点上回り4位、若草が5位。ま、いいか、です。いや、これで十分です。勢いに乗ってきた2年生、これからも成長を続けて行こうね! 
 2年生と1年生のかみ合いがいいね。本当は、もっとクラブ員を増やしたい。コロナ禍で練習を制限される中、サッカーどころではない家庭も多いと思うが、そんな中でサッカーがあると言うことは生きる励みになります。日々の楽しみの大切な時間になります。クラブ員、大募集中です。
posted by ASADA at 10:39| 日記