2021年06月16日

6/16日(水)4年生区大会ベスト4!

 4年生の区大会Aに帯同する予定でしたが、体調戻らず諦める。ベンチは、金子・中山コーチの2人のみとなりましたが、見事に連勝、ベスト4に勝ち上がりました。
B小菅(4−0)住吉・・・・・(前)一翔(後)一翔(修葵)、一翔(日和)、一翔。得点力を示した一翔、みんなの願いを一身に受けて大量4得点、これじゃ次戦では徹底マークを受けるはずです。中盤を支えた日和、怜咲。
翔と颯太がディフェンスにいたからこそトップの一翔がいい仕事が出来ましたね。
C小菅(2−1)柴又キッズ・・・・・(前)−(後)×、大悟(日和)、一翔。前半は殆ど小菅の攻めで終始、この時1点でも決めていればもっと楽な試合運びが出来たことでしょう。中央を厚くしサイド攻撃で変化を付ける布陣としました。後半、大悟のプレーが活気を帯びたことで小菅の攻撃に幅が生まれました。もともと足が速い大悟、その気になればゴールを狙う気持ちも強いのです。失点が終了7分前、大悟の同点打は終了2〜3分前、日和の上手いセンターリングにダイレクトで合わせて決めました。よくぞ決まったものです。まさに終了間際に一翔の勝ち越し点が決まって際どいタイミングで勝利をもぎ取りました。何より、4年生の勝利への気持ちの強さがもぎ取った勝利と思います。ゲームを支配しながらなかなか得点決まらず(これだけでもイライラする)、ましてや残り時間僅かとなって僅かなチャンスから(CKから)得点した相手、相手の歓喜は大きなものでした。それに耐えて顔を上げ攻撃を続け逆転につないだ4年生の心身の成長は大きいと思います。
 颯太をDFに据えたのが良かったか。試合展開が良く読める巧みな翔、足が速く技術面も高い颯太、それに根性の座った気持ちの強い芳樹のGK、この3人が小菅のゴールを守り抜きました。ウィングを務めた大悟と修葵は、ドリで運び味方につなげて攻撃に参加する場面が多くなってきています。翔と颯太の少し前で、日和と前後しながらど真ん中で試合を仕切る怜咲、キッズ戦一翔の勝ち越し点を演出したのも怜咲でした。4年生チームは、なんだかんだ言いながら、一つのチームにまとまりつつあります。
posted by ASADA at 19:36| 日記

6/16(水)4年生・2年生、4連勝でベスト4

 はじめに届いたのは2年生の結果でした。柴又キッズに3−1、ソルシエロに2−1でベスト4、と来たときは、信じながらもええっ!と驚くのが先でしたね、正直。ヤルと負けの1年生時から1年過ぎたのだと実感しました。1年生時、大敗と聞いて、「いいメンバーなのに、なぜ?」と子どもたちに申し訳なさでいっぱいでした。これは、私たち指導者の問題とすぐに思いましたね。ごめんね、切り替えるから!と。・・・・・、そして1年、少しずつ勝ちの味を覚えてきた子どもたち、こうなればもう勝利への思いは子どもたち自身が自分の中で膨らませて行くものなのです。
B小菅(3−1)柴又キッズ・・・・・(前)ー(後)勇誠(昇芽)、×、勇織、勇織。送られて来た映像で観ました。得点場面も失点場面も。押したり押されたり苦しい試合運びの中で先取点を決めた勇誠、勇誠本人も含め周りの子たちも「あれ」「はいっちゃった」と言う表情が2年生らしい。キッズには体格も良くキック力もある子が数人いて、その子にど真ん中から打たれたシュート、左ネットに決まる、あれは、打たれた方の負けだな、GKでは取れない。同点とされて、その後、攻め込んだ小菅の子たちの気迫が凄かったね。勇織の連続2点で勝負が決まりました。
C準々決勝・小菅(2−1)ソルシエロ・・・・・(前)盛愛、×、勇誠(後)−。勇織のCKをニアポストに押し込んだ盛愛、DFの盛愛がCK時ゴール前までよくぞ詰めていました、モタモタッ!と押し込んだ後びっくりしている盛愛、2年生は可愛いね。一瞬驚いた後、「ヤッター!」と皆で喜んだ場面も良し。その後同点とされるも勇誠の勝ち越し点で勝ちました。勇誠、右サイドをドリブルで駆け上がり、狙い定めて逆ネットにいいシュートを決めましたね。
 勇誠の運動量が豊かだなと感心しました。前で攻撃の主軸を担いながら、攻め込まれるといち早く自陣に戻りDFのカバーを度々、えらいです。1度、PA内でこぼれたボールを躊躇なくゴールラインから蹴り出してコーナーに逃げる判断をしましたが、「さすが!」と感心しました。コーナーに逃げる、は究極の判断です。それが2年生で出来たのはえらい。しかも盛愛のスローインは、必ず!勇誠に行く、上手く処理していましたがあれは大変だな。
 盛愛の成長ぶりも目に付きました。相手CKの時、後ろを振り向いたり周りを見たり、出来ていましたよ。立ち位置を微妙にずらしていましたからね。CBの恵叶との話し合いも合間合間にできていたね。恵叶が安全第一で大きくクリアして前線にボールを配給するのに対し、右サイドの盛愛はドリブルしたりカットしたりパスしたり自在にプレーしています。2人のディフェンスは息が合ってる、もっともっと相互のカバーリングも含め多様化していきたい。さて、GKの慶悟、横から来るボール(CKとかセンターリングとか・・・)への対応をもっと練習したいと思いました。キャッチング出来ていればあの失点はなかったなと、惜しかった場面あり。2試合ともGKは慶悟が頑張りました。
 ともあれ、2年生は、相手チームからマークされる立場になってきたのだと自覚が必要です。「小菅と試合できて良かった」と思われるような高度なプレー、試合運びが要求される立場に近づきつつあるのです。そのことを誇りにも思い、また謙虚な気持ちでいつも相手チームから学ぶ気持ちを失わず今後の成長を続けて行きたいと思います。
posted by ASADA at 11:04| 日記