2021年07月14日

7/14日(水)1ヶ月ぶりです

 1ヶ月の空白でした。腸閉塞の治療で長い入院でした。治療は退院した今後も続きますが、活動の制限が一番辛い。出来ることが確実に減っていきます。受け入れるしかない。嘆いても仕方ない、前に進むためにはまだ出来ることがいっぱいあることを大切に生きていくだけです。
 4年生と2年生が元気です。毎週のように練習試合を重ねて、チームとしても個人としても力を向上させている4年生2年生、この調子を大事にしていってほしい。2年生は1年生と共にチームを編成、練習試合の相手として要望を受けることが多くなってきました。今、楽しくって仕方ないんじゃないかな?
 6年生、5年生がちょっと元気ないように見える。6年生は、ここまで全力で走りきってきた疲れが出ているように思われます。誤解を恐れず言えば、一種の勝ち疲れか?ここまで6年生は葛飾区実力1位を誇って来ました。(区大会では4年生まで7連覇。その後は、コロナで公式の大会なし。)それが、6年生になってミズモ・葛飾ブルトンに苦杯を喫した。受験組・負傷組の欠場は勿論勝敗を左右しているが、それ以上に熱意の低下が気になる。依然として勝利への熱い思いを持ち続けているのは数人しかいない。希望を失わないために、次の飛躍の前の、助走の期間と位置づけようか?疲れるときは誰にでもあるよ、まだ小学生じゃないか、これからが活躍の時なんだ。5年生は、残った5人が良く頑張っているが、コレまでのように常勝チームとは行かないこともある。が、5人の関係が良くなっているのを感じるのです。それぞれの個性を認め合い信じ合い、ぶっちゃけて言えば、出来ること出来ないことをさらけ出し合い認め合い信じ合い、関係を深め合っていると感じるのですが、いかが?これは、6年生にも感じることです。4年生にも。
 ま、ここまで来た。ここまで来たことを大切にしようね。コロナ禍ではあるけれど、自分の成長を止めるな。自分自身にも言い聞かせています。今できることを大切に、1mmでも成長していこう。10日で1cmになるよ。
posted by ASADA at 09:03| 日記