2021年08月25日

8/25日(水)5年生関東リーグ 勝点16で終了

 5年生関東リーグ6試合が終了。
D小菅(1−1)リバティー・・・・・(前)啓太(後)×。後半同点打を許して引き分け。後半の後半追いついたリバティベンチからは、歓声が上がりました。リバティーも、小菅戦が決勝戦と来ていましたね。16(+19)では、少し危ないかも。この日、「MIP」に輝いたのは、リバティー戦では一翔、明海戦では日和、いずれも4年生でした。試合に入ったら、5年生も4年生も学年は関係なし、一生懸命、献身的に戦った子が相手ベンチから推薦されるのです。
E小菅(4−1)明海・・・・・(前)×、日和(一翔)(後)一翔、怜咲、起照。リバティー対明海戦を審判した金子コーチ、ベンチに戻るなり、「明海の10番は強い、上手くて強い!」と伝えてくれました。攻撃の主軸と言うかワンマンチームの主役と言うか。体格は普通、足は速い、ゴール前のパフォーマンスがずば抜けている。10番に気を取られていると、7番11番が出てくる。厄介だな、だが、「後ろが緩い、GKは狙い目」としっかり子どもたちには伝えて送り出しました。4年生が3人取ってくれましたね。(日和、一翔、怜咲)、4点目に5年生起照。

 2年生練習試合の結果は立派なものでした。1年生時、負けていた相手に勝ちきっての4戦全勝。15分1本ゲームと10分1本ゲーム。
@小菅(2−0)EDO・・・・・勇織(勇誠)、勇織。高見コーチが上げてくれたユーチューブを見る。私、ユーチューブやりません、で、やり方も不明でしたが、そこは勇織母がちゃんとアドレスを送ってくれて、ユーチューブ初閲覧です。まずポジションについた陣形を見て、小菅の弱点が見えましたね。気持ちに弱さがあるとどうしても下がり目の位置取りをする。立ち方構え方にも自信なさが現れている。怖いのでしょうね、でも、それでも仲間は信じてパスを出し、戦いの中に仲間を巻き込んで行く、ああ、そうした指導をして貰っているのだな、と安心してじっと見守りました。パスに応じてドリブルしパスし、試合の中で共に伸びていく姿が良く見えました。上達・成長には個性がある。早く上手くなる子、ゆっくり上手くなる子、どちらも個性であり、チームにとっては大事なことなのです。育成には、我慢が必要なのです。特に大人。子どもたちは、結構仲間意識で、1人1人が今!出来ることを自然に受け入れ合っていいチームワークを創って行っているのです。子どもたちは、仲間に対して否定語を使いません、大人は、気を付けたいものです。
A小菅(1−0)瑞江・・・・・勇織(盛愛)。瑞江の低学年は強い、定評があります。試合のスタイルが確立されてきているなと見ました。しかし、右Wの盛愛は、強力な相手を一瞬で抜き去ってPA近くへブルブル疾走、有効なパスをセンターへ入れていました。盛愛のドリブル突破は、練習時からいつも目を細めて見ていたので、納得のプレー。ただ、気分にややムラがあり、大人が上手に乗せてやることが大事。褒めて貰うごとに力を発揮し、やがてその力が実力へと身について定着していくのです。
B小菅(1−0)EDO・・・・・勇誠。
C小菅(1−0)瑞江・・・・・勇誠。
 実は、小菅は7人で行ったのです。前日の1年生区大会@で激闘を演じ疲れ切ったのでしょう。更に、21日、兄岳琉の関東リーグ試合を応援中に昇芽が目の上を4針縫うケガをして、1年生は開士だけが参加でした。で、相談して、GKをそれぞれEDOさんと瑞江さんから借りての試合でした。見ていると、4人のGKとも、一生懸命戦ってくれました。攻め込まれて危うい場面も数回ありましたが、EDOさんのGKも瑞江さんのGKも、積極的にキャッチしセーブしてくれていましたね。感謝です。サッカーファミリーです。15分間のレンタル、10分間のレンタル、戦う場所がどこであれ、ピッチに立ったときは全力を出す、これは選手として立派なあっピールになります。プロみたいだね。久保君もレンタルが多いよ。、
 EDO、瑞江さんとも、小菅よりやや大きいかな。EDOは、体格を生かした試合運びでした。体を寄せて圧倒してきました。キック力も強く、易々と小菅の頭上を越える大きなクリア。瑞江さんは、細かいパスを有効に使っていましたね。この2チームに、小菅はなぜ勝ち切れたか?1つは、試合に臨む意識の高さ、体を寄せられようと耐えて耐えてボールを奪う闘争心、それと、広くグランドを使ったこと、右に左にパスを出し7人全員で戦ったこと。ゴール前の巧さが身について来ていること。カバーの意識が高いこと。つまり、ど真ん中の勇誠、勇織、恵叶の運動量が半端ないことです。盛愛の自信に溢れたドリブル突破です。翔一、慶悟、開士まで、サッカーを楽しみ勝利に向かう、仲間意識の強さです。嬉しいな。もっともっと良くなるよ。

 おっと、1年生区大会@、Wカード1位で突破、これは、後でね。ごめん。疲れました。
posted by ASADA at 10:43| 日記

2021年08月15日

苦難続く夏

 コロナ・熱中症と何とか折り合いを付けながら練習・試合をやってきていましたが、そこに大雨災害の追い打ちです。コロナは不明だけど、熱中症・大雨は地球規模での気候変動の結果だと言います。そして、人類の存在可能性を絶対的に左右するこの地球規模での気候変動は、人類の存在そのものの結果であると世界機構(何だったけな?)が遂に認め発表しましたね。また別稿では(確かアメリカの学者)、「地球からみると、人間こそウィルス」ではないかと。「人類の存在が、多くの種・類(生物)の絶滅を招いてきた」とも述べています。何だか、いちいち納得して「そうだよね。」と受けいれるのが悲しい。21世紀末には、4〜5℃も平均気温があがると予測されています。(少し前までは2℃だった。)4〜5℃も上がったら、海は河川はどうなるのだろう?干上がるのか?海中の生物は生存できるのか?(今でも、魚類の生存区域・海流が変動している)森はどうなる?樹木の移動が起きてるよね。樹木の移動?樹木は動けないだろう?と考える人へ。実は樹木は長い年月(万年単位)をかけて移動しています。より生存しやすい気候地へ、そこに着地した種が生き延び、元の親木は枯れて行く。森や海に生存する動物はどうなる?人間は?とちょっと考えるだけで、気の遠くなるような不安を覚えます。続きはまた次回に。きっと書く日が来ると思います。もう少し本気で勉強してから。
 元に戻すと、夏の2つ目の大会と楽しみにしていた梅一さんの招待大会が、この大雨で中止になりました。西新井、ロッキーレグルスと久しぶりに会えると楽しみにしていただけに残念でした。西新井の創設者田中先生、ロッキーレグルス(元は鹿西レグルス・・・23区から最初に全国大会に行ったチームです)の創設者西川先生の後継者がしっかり育てている小菅の盟友のチームです。少年サッカーの黎明期を共に支えたチームです。なんて気張るのを気恥ずかしく思い、それぞれのスタイルで子どもたちとサッカーを楽しんでいるチームです。ま、また、そのうち、会えるよ。梨本さんから引き継いだ梅一が中止を残念がって、「また声かけますので宜しく。」と言っていたではないか。
 さて、別件。小菅の6年生が、それぞれにジュニアユースの練習会参加に踏み切っています。このうち数名には、春からオファーが来ていて、非常に大事に対応して貰っています。最終的に進路を決定するのは子ども自身と家族ですが、私は子どもたちが選んだ所属先を全面的に応援します。自分が活躍できる場所、自分が居心地のいい場所であることが大事です。何か動きがあったら、お知らせします。
posted by ASADA at 11:10| 日記

2021年08月11日

8/11日(水)小谷野へ

 電車に乗ってバスに乗って、いざ!小谷野へ。今日は、35℃の猛暑と聞いていたけど「行く」と決めていました。覚悟のせいか、35℃とまでは感じなかった。よしよし、これで、土曜日、6年生の招待大会に帯同できる、と一安心。
 お盆休み?猛暑?コロナ?、練習参加は少数でしたが、久しぶりの子どもたち、会えて最高でした。あきちゃん、相変わらずの捨て身のスライディングタックル、小さいときからの得意技です、痛くないか?ケガしてない?とはじめは心配していましたが、アレ、痛くないスタイルを掴んで来ているのね、フムフム。敬人君、目標は兄、兄と競り合うのが今のところはやりがいかな?兄颯人君の対応の仕方も、兄らしく、弟への愛と兄として負けられん気と、その兼ね合い良く、そして、給水の時は兄弟一緒に母の元へ走って行く。デロン玲ナタン君は、年中さんです。が、キック力が強い。キックがしっかりしています。はじめてパパに会いました。子どもたちが少ないので、あきちゃん父と玲君パパがゲームの相手をしました。とても楽しかったです。
 低学年練習には、高見コーチが来ました。坂元コーチの個人技練習の後、高見コーチが1対1の攻防の練習。躱し方も、ボールの置き方も、上手くなっていましたね。何より、やられてもやられても諦めない、相手に食いついて行く、その姿が素晴らしかったよ。これが、小菅のスタイルです、低学年から体に染みこませていく小菅のスタイルです。久しぶり、来て、良かった。さあ、次は、14日です。
posted by ASADA at 20:56| 日記