2021年09月05日

9/5(月)2年生区大会3位、動画に興奮

 4日(土)2年生が区大会3位・銅メダルを決めました。三決ミズモとの点差に驚く。13−0です。準決勝はREVに1−3で敗れての三決でした。動画が送られて来た、じっくり観ました、分析・検証してみましょう。

D準決勝・小菅(1−3)REV・・・・・(前)×、盛愛、×(後)×。小雨の中の戦い、画像がもやって顔も背番号も判然としないが、画面に顔を近づけ観る。試合内容は五分五分、いや、小菅の方が良かったと思う。前半起ち上がり小菅は絶好の先取点機を逃がした。ドリブル突破は力強く素晴らしかった〜問題はゴール前・止めて、コントロールして、打つ、ここが一歩遅かったね。これが、2つ続いて好機を逃がした。その後、攻め込まれて相手右からゴロの鋭いシュートを打たれて、GKの手の下をすり抜けて逆サイドネットに決まった。盛愛が同点ゴールで追いつくも、またも破られた小菅の左、中央に届いたボールを待ち受けた1人が難なく決めて、再びリードを許す。盛愛のゴールは、恵叶のFKから生まれました。得たFK、恵叶のキックをGKが弾き、反応した盛愛が見事に決めたものです。点差は1−3でしたが、小菅の2年生は実にいいサッカーをやったと観ました。ボランチ勇織から、左Wへの長いパス、これが実に良く通る。パスの角度、速さがいいんだよ。受けた昇芽のドリブルがいい。攻め込みがいい。逆サイドのWもよく走ってゴール前に迫っているからね。パスのつなぎ方が2年生とは思えないほど良いのです。更に、縱ばかりじゃなく横へのドリブルで場面を切り開くそんな形も何回も観たよ。中央から右にドリブルで運んで来るのは、勇織です。ラインギリギリでも絶対諦めないね、そこから中に2〜3個侵入してセンターにパスを入れる、中央にポジする勇誠が決める、左から昇芽が決める、攻撃の1つの形がしっかり出来ています。センターから右に左にパスを出し、チーム全体で攻める形は2年生出来ているね。後ろも使えるようになるともっと展開が良くなる。2試合を通して後ろへのパスを使ったのは、勇誠だけでした。ミズモ戦、最後の最後の攻撃の場面、引いた相手と攻め込んだ小菅でゴール前は隙間なし、その時、勇誠がパッと後ろを見て恵叶を確認、恵叶に丁度いいパス(角度・速さ・タイミング)を出したのです。恵叶は打ちましたが決まらなかった、決まる・決まらないより、後ろにパスを出す判断をあの混み合った中でした勇誠はえらい。素晴らしい判断力です。今度は、勝てるよ。
E3位決定戦・小菅(13−0)ミズモ・・・・・(前)勇織(昇芽)、勇織、勇織(勇誠)、勇誠、盛愛、勇織、勇織(後)恵叶、勇誠、勇誠(勇織CK)、勇織(昇芽)、昇芽、勇誠。三決で13得点なんて凄まじいよ。ミズモの陣容を観るに、これは先発メンバーですね。私が観た(対戦した)のは2年も前ですっかり大きくなっていたけど、覚えがある選手が数名、特に、強い女子選手には覚えがあった。失点のたびにゴールからボールを出すのが口惜しそうでした、切なそうでした。失点を悔しがる選手は必ず伸びます。勇織も、REVに負けた後、泣いたと聞きました。小菅のみんなが慰めて徐々に立ち直り、ミズモ戦では大活躍して小菅を勝利に導きました。嬉しい!口惜しい!と、感情豊かに成長していこう。感情豊かな子は、一プレー、一プレーに心を打ち込むことができるのです。涙は恥ずかしくない。涙に寄り添ってくれる仲間がいる、それでこそチームです。
posted by ASADA at 20:47| 日記