2021年10月24日

10/24日(日)6年生、全日本DIOSに勝ってベスト4! 

 江戸川区の顔見知りのコーチに、「DIOSは今年が最強。ボコボコにされるよ。」と。ん?ボコボコ?葛飾区で8連覇くらいじゃ追いつかないか?それじゃ、葛飾区のチームにに申し訳ないよ。
 結果は、小菅が3−2でDIOSに勝ち、本当に久しぶりのブロック大会ベスト4!

@小菅(4−0)北野・・・・・(前)隼矢、隼矢(琉稀)、琉稀(隼矢)(後)琉稀
A小菅(3−2)DIOS・・・・・(前)隼矢、×、隼矢(後)隼矢、×(PK)

 競ったとき、グン!と抜け出す隼矢の迫力が一回戦から爆発。いつもより、「決める!」ことに執着していると思いました。今までは、「打つ!」ことで1回気持ちが切れていた、それが、「決めきる!」までボールに執着した、ストライカーとして大きな成長です。また一歩、レベルを上げて来たなと感じました。足痛を抱える琉稀が、隼矢を支え共にゴールを狙いました。それだけじゃない、後ろのDF(日和・怜咲)のカバーも怠らなかった。性格的にやや淡泊な面がある琉稀に、勝負に拘る気持ちの向上を見ました。勝つことに、火が付いてきたな。
 攻め手が点を重ねた。それを、後方で支えきったのが、CB陸貴斗、GK涼太です。練習の時から、「涼太のキックが当たってきた」と見ました。今まで不安定だったハンドキックが思うように飛ばせているし、ゴールキックにも力が付いて来ている。大きな体の使い方が上手くなってきているのです。自信も付いて、よしよし。CB陸貴斗がまた獅子奮迅の活躍でした。両サイドバックの岳琉と日和に常に声をかけ、お互いに信頼の連携プレー。6年生と5年生と4年生だよ、学年を超えた信頼関係を、常に小菅は築き上げているのです。
 DIOSのフレンドリー戦を見て、「ん?勝てるぞ。」と密かに確信しました。どこか、緩い。全体の運び方か?球際か?それは、私の長い経験値から来る希望でした。
 みんなが強気で戦えた訳ではない。DIOS戦を目前に、「ポジションを変えてほしい。」と訴えて来た子がいる。「ふううん?」と顔を見る。「負けそうなのか?」かすかに肯く。主要ポジションだけに、「今の今、言って来ても、変えられない。」とピシッと。が、相当の覚悟で訴えて来た気持ちは大事にしたい。「競り負けてもいい、自分の出来ることをやり切ればいい。」「お前しか、できないよ。」と。そこで頑張ってくれました。だから、DIOSに勝った。
 次の試合を大事にしたい。みんな、ケガするなよ、コロナにかかるなよ。体を大事にしろよ。
posted by ASADA at 20:11| 日記