2021年10月28日

10/28(木)なかよしさんからナイターまで

 昨日は水曜日、このところコロナも落ち着きつつあるからか、なかよしさんの出席が少しずつ上がって来ているように感じます。嬉しいことです。先日、休んだ子に、「お休みだったね?」と話しかけたら、「ウン、ママがね、風邪引いてたの。」そうかそうか、大人も子どもたちも元気じゃないと活動は難しくなりますね。また別の子に、「お絵描きでサッカー休んだんだって?」「ウン。」「お絵描き好きなの?」「ウン、大好き!」私も好きです。子どもの頃、父の手ほどきで絵を描いていました。さて、なかよしさんが練習に来れてるってことは、家族が皆さんお元気と言うことですね。
 先週から、若いコーチが指導に加わりました。こんなメールを貰いましたよ。「幼稚園の方は過去に見てきたチームの中で一番レベルが高く驚きました。とてもやり甲斐を感じることができました。」ほおう、そうか、毎回毎回見ているのでこんなもんだと思っていたし、それに他チームの様子を知らないので比べようもないし・・・。ただ、みんな熱心だな、と感心はしていましたが。坂元コーチが、例えばドリブル指導で、「親指を意識して」「小指を意識して」と声かけする、子どもたちは幼いなりに一生懸命「親指、親指・・・」「小指、小指・・・」と上手く行っても上手く行かなくても、ボールに集中している。そのおかげか。確かにドリブルは上手いね。4〜6歳なのに、1回1回ボールに触るドリブルが出来てきています。それに、なんと言ってもボールを奪い合う競り合いを頑張っているよ。シュートも決まるし。ま、時々だけど、でも縦横1m位の小さな小さなゴールだから。私、時々、応援の母たちに声をかけます。「この子たち、凄いよね、こんなに小さいのに諦めないでちゃんと戦っているんだから!」と。そうか、この子たちがだんだん大きくなっていくのだから、この最初のはじめの一歩のところで、サッカーに関する意識・技術・戦術が方向付けられていくのだな。このまんま、まっすぐ育てー!です。
 低学年練習は、高見コーチが殆ど毎回サポートに入ります。坂元コーチの技術指導の後、戦術面の指導、1対1、1対2・・・の練習に入るのです。体の入れ方、ボールの奪い方、パス受け手の位置取り・・・。気になると、止めて、1人1人やり直し。みんな、自信を深めて行っているのが良く分かります。楽しそうだし。
 ナイターは、久しぶりに4人体制となりました。練習後、まず、全日本決勝大会を週末に控える6年生チームを意識して練習ゲームを組みました。8人対たくさん、そのたくさんの方に、岸野コーチが入る。若いからね、6年生チームに対抗心むき出し。「あいつにだけはシュート打たせない。」とか張り切って。真剣に相手して貰って、6年生はいい気分だったと思います。本気で相手してくれる大人ってそうはいないよ。良かった良かった!2つ目は、関東リーグの試合を控える5年生チーム対6年生5人、「5人!」とか最初は文句言いそうだった6年生だが条件を受け入れてゲーム。反省、4年生チームのゲームも組むべきだったあ。来週からは時間配分を工夫しよう。
 日々の練習こそがチームの個性を育てます。小菅の個性の原点は、なかよしさんにあり!と改めて確認した次第でした。
posted by ASADA at 22:19| 日記