2021年11月27日

11/27日(土)ヤッター5年生!

 ヤッター5年生!とらさん杯@Aを勝ち抜き、本日、本大会出場を決めました。
A小菅(4−0)綾南・・・・・(前)起照(日和)、怜咲(啓太)、起照(後)起照(怜咲)。公式戦とはいえいつもテストの視点。誰がどこだと一番実力を発揮できるか?気持ちを盛り上げて走る・回す・蹴るが出来るか?子どもたちには、「チャレンジ!」と訴えました。フォーメーション発表の後、子どもたちに問いかけたら、遥希と怜咲が、新たなポジションに「チャレンジします!」と決意を述べました。最後にキャプテンの起照に「いいか?」と確認しました。前半と後半で、トップとボランチを変えました。ふうむ、前半の方が良かったね、安定して展開できたし、だから、3点取れた。後半、もっと取れるかも、とも期待したが、やはりそうは行かなかったか。が、これで、私も本人たちも、自分がどこが一番自分らしく全力で出来るか?確認できたと言うものです。良かった、良かった。
 さて、起照の先取点が早かったね。日和との息もいいぞ、合ってるぞ。この先取点を見て思ったね、起照は最前線で張るよりも、比較的接触の少ない中盤からミドルシュートを打つのが向いているのかも、と。技術力は高いしキック力はあるし。狙い通りのところに打っていました。それに、日和はいい相棒だし。なんと言っても運動量が豊富で、献身的で、しつこくボールを追いかけて相手を自由にしないし。トップの啓太と怜咲、ちゃんと計算がありました。「とにかく、打て。それがトップの仕事だ。」と送り出しながら、「横には、怜咲(啓太)、後方には、起照と日和がいることを忘れるな。」と。このど真ん中の4人が本当に良く機能していた。かつ、「後ろもある。忘れるな。」と。後方の岳琉が受け皿で、ボールを大きく蹴って前線に送ったり、サイドに流して攻めを多様化したり。サイドの颯太と芳樹も良く走って、攻撃に参加していました。小菅の4年生は、良く走る、良く戦う。1個上だって少しも怯まない、感動的です。啓太と怜咲のトップも良し。点取るの好きだし、存分に点を取って点取り屋になって下さい!
 さああ、今度は、区大会@だよ。12/4日(土)11人制、今日と同じように頑張ろうね!
posted by ASADA at 20:47| 日記