2022年01月24日

1/24日(月)5年生練習試合

 遂に蔓延防止で、土曜日の5年生関東リーグ、日曜日の6年生リハウスが中止。何だか気持ちの行き場を失ったようでがっかりしていたところに、金子コーチから5年生の練習試合が舞い込んで来ました。即座に、「行きます。」「揃ったメンバーで行きましょう。」
 5年生が3人、4年生が5人、OKOK。啓太、遥紋、健琉、怜咲、日和、翔、芳樹、遥希、十分勝算が立つメンバーが揃ったではありませんか。しかし、寒かった。しかも、何十年ぶりの梅田小学校、まず降りる駅を間違えた、道に迷いに迷った。約40分、行きつ戻りつ、歩きに歩きました。たどり着いたときは、本当にホッとしました。
 8人です、全員先発です、試合前に、「失敗して良い。チャレンジして行こう。練習試合は失敗するためにある、たくさん失敗して自分を見極めて行こう。」と送り出しました。GKは4年生の芳樹と遥希がほぼ交代で。2人とも、期待以上の出来でしたよ。キャッチング、位置取り、バックパスへの対応、ちゃんと出来ていましたね。5年生のGKとしても大丈夫と思いました。

@小菅(7−4)梅田・・・・・(前)×、怜咲(日和)、××、怜咲 (後)×、遥紋、遥紋、啓太、遥紋、遥紋。前半は怜咲が1トップ、しっかり役割を果たす。後半は、左ウィングから遥紋、積極的なプレーで点を取りまくる。啓太は、右ウィングから行きました。
A小菅(7−0)梅田・・・・・(前)翔、健琉 (後)健琉、健琉、健琉、健琉、遥紋。今度は、健琉が点を取りまくる。この日、DFに徹した翔が得点に至ったのは立派。翔は、周りがよく見える堅守のDFです。最近体も大きくなってきて、そこに持ち味の冷静さと賢さも加わって、信頼できるプレイヤーに成長中です。
B小菅(3−0)梅田・・・・・(前)健琉、遥紋、健琉。健琉と遥紋、意識しあって点の取り合いか、チーム内競争は、本人たちは勿論チーム全体のレベルアップにもつながるので大歓迎です。
 多くの場面で、ボランチの日和が相手と競り合い、試合を組み立てていました。体を相手にしっかりと寄せて相手の動きを封じ、ボールを支配する、そのスタイルにますます磨きが掛かってきています。

 昨日の練習試合は、試合の谷間を作らず、本当に良かった。殆ど見たことのない4年生のパフォーマンスを見ることができたことも、私にとっては大きな収穫でした。
posted by ASADA at 14:18| 日記