2022年04月24日

4/24日(日)5年生チーム関東リーグ初戦

 心配で心配でなかなかエントリーできなかった5年生の関東リーグ、「どうせやらなきゃいけないんだ」「期限があるんだ」と自分に言い聞かせ言い聞かせ、エントリー。初戦の相手は、エスブランコ。今年の5年生は何人試合に来るかが最初の課題、コロナ関係の欠席者を除いて7人参加、まずまずの参加でまずは一安堵。3年生からは3人参加(慶悟君は練習参加でした)、「よし!」です。私には十分な体制でした。結果。

@小菅(0−0)エスブランコ・・・・・(前)−(後)ー。

 MIPに選ばれたのは、CBの翔でした。今年からキャプテンです。温厚で賢明、足も速く技術的にも優れています。今までは、支える側に回ることが多かったのですが、今や5年生チームの大黒柱かな。相手エスブランコのベンチも、CBで守備を仕切り攻撃参加も見せる翔が邪魔で仕様がなかったのでしょうね。1番目に付いた存在だったと思います。エスブランコのMIPは、ベンチに入った高見コーチに任せました。MIPを選ぶのは、相手ベンチなのです。次に、颯太の活躍も光りました。何ヶ月ぶりの実戦復帰。「足痛は治ったの?」「はい!もう痛くない、大丈夫です!」と力強く、安心しました。1人1人は書かないけど、遥希のGKも安定していました。1つ目の相手FKをジャンプして弾き飛ばしたのは見事でした。も1つ、強烈な低いシュートも体を鋭く低くして体全体で押さえ込んだのも見事。しかし、本人は、練習試合で決められたFKを悔やんでいました。この無念の気持ちも大切。「あれは、相手のFKが良かった。セーブは無理だったよ。」と届かない高さの逆ネットに決まったFKのこと、「気にするな」と慰めましたが、納得が行かない浮かない顔をいつまでもしていました。きっと次のプレーにつながるよ。
 練習試合は、1−2、1−1でしたが、小菅の1点はいずれも翔の得点。フウウウム、翔の力量を称賛しつつも攻めの選手の奮起を促したい。翔の得点は、CBから、ボランチから。前にいる子、頑張ろうよ!あと1人、練習試合でトップに入った勇誠の寄りの速さ、豊富な運動量を記しておきたい。
posted by ASADA at 09:52| 日記

2022年04月18日

4/18日(月)6年生リハウス1勝1敗

 昨日のリハウスは午後から柴又で。1勝1敗でした。

@小菅(8−1)Visfida・・・・・(前)翔聡、起照、健琉、健琉、起照(後)起照、×、健琉、起照。
A小菅(1−2)EDO・・・・・(前)××(後)起照(健琉)。

 4月半ばにして、5年生の出席率が上向き足首捻挫治療中のの1人を除いて全員参加、それが最大の収穫と思う。試合に来てこそ、試合に参加してこそ、成長はある。更に6年生、6年生も1人治療中(どこだったっけ、けが?手首だったように思う)、が、参加4人の意気高し。「フィールドやりたい!」の翔聡がきっちり先取点。トップの起照が4得点、ボランチの健琉が3得点、今日は5年生の得点者がいなかったのが寂しいね。梅田戦で得点した修葵に続く5年生のゴールを待望する。
 前節の試合結果からの布陣で臨んだVisfida戦でした。GK祐貴、CB啓太、両サイドバックに翔と大悟。攻撃陣の軸は、起照と健琉。この2人の関係性が凄く良いのです。おそらく2人の人間性に関わるところが大と思うのだが、2人とも変に尖ったところがなくお互いの活躍をリスペクトしあう心の大きさを持っていると感じるのです。2人とも、本質的に賢いんだね。だからこそ、追い込まれた2試合目の起照(健琉)のゴールが生まれた。EDO戦、起照はCBでした。CBの起照に健琉は迷いなくバックパス(と言うより、最も打ちやすいボールをそっとセットした)、起照との距離感を考えた絶妙のバックパス、信じればこそのバックパス、起照もまた迷いなくダイレクトで打ち切りましたね。ストレートで迫力のあるシュートが相手GKの指先をかすめ後方のネットを揺らしました。結局はこの2人じゃないとゴールを決められないのが今の小菅の苦しいところか。この試合、起照でなければ、センターバックは務まらない。GKも翔聡でなければ務まらない。。納得のやる気満々のGK。いやいや、翔聡のGKは凄みがありました。今の5年生GKとの格の違いを見せつけるものでしたね。5年生、翔聡のGKに学べ! 苦しいのは、守備を充実した布陣にすると、どうしても攻めが緩くなることです。欠席だった治療中の2人は、攻めの2人です。EDO戦後、涙が止まらなかった起照、2人が加われば一歩でも二歩でも攻めが厚くなることを期待しようよ。
 6年生チームにも5年生チームにも、大きな可能性が感じられる昨日今日です。地道な努力を続けて、1人1人しっかり成長して行こう!
posted by ASADA at 10:58| 日記

2022年04月14日

4/14日(木)新年度無事にスタート! 

 ここ暫く浅田日記が書けなくなってとても寂しかったです。浅田日記のページがない!のです。そう言えば、レンタル期間は3年と、聞いてたっけ?ええっ、じゃあもう書けないの?どうすれば良い?と焦りながらも、何の改善策も講じないうちに、毎日が通り過ぎて行きました。そして昨日突然、「浅田日記」のページが復活していることを発見!不思議でならない、でも、まあいいか、あるんだから、書こう、と深くは詮索せず。

 まずは、巣立っていった6年生に「おめでとう!有難う!」です。6年間、いやなかよし時代からの子は7年間8年間か、共にサッカーに明け暮れました。強かったし、連勝連勝が続く中では、緊張感と恐れもありました。「勝ちが途絶えてはいけない」「負けてはならない」は、相当の圧力でしたね。6年生は、そうした厳しい圧力を共に耐えた「同士」の感がありました。締めくくりの6年生時は、区大会10連覇達成、東京Aリーグ優勝、全日本ブロック大会準優勝の記録を残しました。ここで、どうしても書いておくべし。区大会10連覇の大会、決勝点を挙げたのは小菅のエースストライカー隼矢でした。6年間かけて獲った・6年間の集大成のトロフィーは隼矢に授与、賞状は、迷いながらも小菅の守護神に成長、小菅の大ゴールを護りきったGK涼太に授与、とベンチで心に決めていました。2人とも、6年間いやそれ以上「小菅の子」でした。涼太は、悩んだり迷ったりしながら小菅でやり切った。「GK」に迷いながらも、物にした。立派なことですね。隼矢の得点力は並外れた能力でした。実力に裏打ちされた自信もありました。それ以上に、試合全体を見渡せる戦術家でもありました。5年生の頃までは、自分の意見に固執しましたが、6年生になると全体を見渡して上手に言うようになった、大した物です。難しさもある6年生チームをまとめた数人のキャプテン、遙人、晴真。陸貴斗、琉稀、諒太朗、優陽の将来を考えるだけで夢が湧く。希望が湧く。
 卒業おめでとう! 中学校入学おめでとう! 時々は、練習に来て、後輩を鍛えて下さい。先日、隼矢と涼太がナイター練習に来たと聞きました。有難う!

 小菅の新チームがスタートを切りました。6年生は、リハウス1勝1敗のスタートでした。先日、篠崎に練習試合に行きましたが、健琉「もっと運動量を上げて頑張りたい!」に感動しました。ベンチで見ていて、健琉の運動量には納得していたのです、それ以上を自分に課そうとする高い意識に感動したのです。5年生は試合や練習への出席率が上昇中、23日の関東リーグ初戦に期待が膨らみます。3年生は、練習試合に余念がない。体調不良の子もいて、ちょっと心配していますが。
 2年生、4/3日の区大会@を1位突破!素晴らしいスタートを切りましたよ。
 昇芽、颯人、瑛志、弦、敬人、れいじ、彩希、統士君。8人ぎりぎりの参加でした。コロナ関係で当日になるまで出欠を心配しました。何としてでも、公式戦として成立させたい、いい顔ぶれなんだから!が、願いの願いでした。みんな、用心に用心をして来てくれましたね。大事な大事な経験でした。
@小菅(4−4)幸田・・・・・(前)×、颯人、昇芽、×(後)×、昇芽、×、敬人。
A小菅(5−1)清和・・・・・(前)昇芽、昇芽(後)×、昇芽、昇芽、昇芽。
中山コーチのメールに、「2試合目、昇芽爆発!」と書いてありました。幸田が清和に3−2で勝っている、その情報を子どもたちに知らせての試合運びだったと思います。とにかく、1位突破!良かったです。
posted by ASADA at 10:38| 日記

2022年04月13日

4/13日(水)浅田日記復活?

 とても不思議、3/31日でレンタル期限切れと思った浅田日記がまた書けるようになっているではないか?
小段さん?ですか? とにかく、書けるのは嬉しい。後で、書きますね。
posted by ASADA at 18:02| 日記