2022年04月24日

4/24日(日)5年生チーム関東リーグ初戦

 心配で心配でなかなかエントリーできなかった5年生の関東リーグ、「どうせやらなきゃいけないんだ」「期限があるんだ」と自分に言い聞かせ言い聞かせ、エントリー。初戦の相手は、エスブランコ。今年の5年生は何人試合に来るかが最初の課題、コロナ関係の欠席者を除いて7人参加、まずまずの参加でまずは一安堵。3年生からは3人参加(慶悟君は練習参加でした)、「よし!」です。私には十分な体制でした。結果。

@小菅(0−0)エスブランコ・・・・・(前)−(後)ー。

 MIPに選ばれたのは、CBの翔でした。今年からキャプテンです。温厚で賢明、足も速く技術的にも優れています。今までは、支える側に回ることが多かったのですが、今や5年生チームの大黒柱かな。相手エスブランコのベンチも、CBで守備を仕切り攻撃参加も見せる翔が邪魔で仕様がなかったのでしょうね。1番目に付いた存在だったと思います。エスブランコのMIPは、ベンチに入った高見コーチに任せました。MIPを選ぶのは、相手ベンチなのです。次に、颯太の活躍も光りました。何ヶ月ぶりの実戦復帰。「足痛は治ったの?」「はい!もう痛くない、大丈夫です!」と力強く、安心しました。1人1人は書かないけど、遥希のGKも安定していました。1つ目の相手FKをジャンプして弾き飛ばしたのは見事でした。も1つ、強烈な低いシュートも体を鋭く低くして体全体で押さえ込んだのも見事。しかし、本人は、練習試合で決められたFKを悔やんでいました。この無念の気持ちも大切。「あれは、相手のFKが良かった。セーブは無理だったよ。」と届かない高さの逆ネットに決まったFKのこと、「気にするな」と慰めましたが、納得が行かない浮かない顔をいつまでもしていました。きっと次のプレーにつながるよ。
 練習試合は、1−2、1−1でしたが、小菅の1点はいずれも翔の得点。フウウウム、翔の力量を称賛しつつも攻めの選手の奮起を促したい。翔の得点は、CBから、ボランチから。前にいる子、頑張ろうよ!あと1人、練習試合でトップに入った勇誠の寄りの速さ、豊富な運動量を記しておきたい。
posted by ASADA at 09:52| 日記