2021年03月21日

3/21日(日)久しぶり5年生TM

 午前中の低学年の練習会から行きたかったのだが、用心して午後の5年生練習試合だけにする。5年生が揃った試合は久しぶりでしたね。4年生2人、岳琉と翔聡を加えて10人で試合を回しました。

@小菅(8−0)東加平・・・・・(前)琉稀、晴真、琉稀、隼矢(後)隼矢、隼矢、隼矢、隼矢。琉稀の先取点は思い切りのいいダイレクトのシュート。自分で、「ダイレクトが当たっている!」と確信した琉稀、その後も迷わずダイレクトのプレーに磨きをかけていました。その日の自分の調子を見極める力が付いてきたな。多数の子が幾つかのポジをやってみる中で、琉稀は右W一筋。右からに、こだわりました。これも一つの道。隼矢の得意は、小菅が圧倒し始めた時に手を抜かないこと、これでもかこれでもか、と畳みかけるように得点しまくる。これも、得点屋であり続けるための大事な心がけです。DFは、不動の陸貴斗と岳琉。陸貴斗がとらさんカップに不在と聞いた。「どうすんだよ?」とぼやくぼやく。相手は、早稲田つつみ(埼玉三郷市)とパーシモン(神奈川川崎市)だよ、「どうすんだよ?」とぼやくぼやく。
A(5−0)東加平・・・・・ここからは、20分1本ゲーム。つまり、小菅も東加平も、迫る新年度に向けていろいろ試しておきたいわけです。隼矢、晴真、翔聡、隼矢、翔聡。@で後半GKを務めた翔聡がフィールドに入りました。左W。攻めへの参加が積極的でした。右から攻撃が始まると、左の翔聡、走って走ってゴール近くに迫り、2得点です。1点目は自分でも驚いていましたね、2点目は余裕の表情でした。本当はDFがやりたいのだと。でもこうして得点の味を覚えるとWも面白くなるかも。
B(7−0)東加平・・・・・涼太、琉稀(CK)、晴真、晴真、晴真、遙人、遙人。2〜3試合目あたりになると、涼太はすぐ来る。「今度はフィールドがやりたいです。」フム、「考えておくよ。」得意は右W。が、ここは琉稀がいるからね、「左W」と告げると、肯く。出る方を優先です。賢いよ。ここで、「え?」とか渋ると、「じゃ、ナシ。」となる可能性があるのです。それに、どこだってやってみる価値はある。自分の隠れた能力に気づくチャンスになるかもしれませんよ。実際、涼太は左から得点しています。抜き技も披露、上手でした。晴真来た、遙人が来た。@Aあたり、私はベンチで、「晴真、本日不調。」と見ていました。やっと、Bで復調、晴真らしい運動量、格闘力、粘り、に安心しました。それにしてもエンジン掛かるまでに時間掛かりすぎ、実試合で間に合わないと困るぞ。遙人には、数回アドヴァイス。「1回のフェイントで抜けなくなっている、自分でも気づいているか?」はい、と肯くのを確認、やはり遙人は賢いね。自分のことを冷静に客観的に見る能力がある。仕掛けては仕掛けては相手に引っかかっている。フウム!ここからが工夫のしどころです。ちょっとだけアドヴァイス。きっと自分で道を見つけるよ。
C(8−0)東加平・・・・・晴真、遙人、隼矢、隼矢、隼矢、隼矢、隼矢、隼矢。
 諒太朗が、新しい自分のプレースタイルに開眼しつつあります。今日、成功した場面を3回見ました。もともとボール扱いは上手い子です、きっと、自分らしいスタイルを見つけていくでしょう。勿論、詳細は書かない。勿論、チームメートには伝えてある。「諒太朗は、こうする、から、周りは心得て対応しなさい。」と。ボラの晴真に特に言い置く。ほうう、と面白かったのは、岳琉が自分の相棒に諒太朗を指名したこと。「大丈夫か?」「前もやってみて大丈夫でした。」と岳琉の信頼は厚い。いいことだな、仲間を信頼するってこと。
 東加平は、93回東京リーグでAで一緒です。今日の練習試合からきっと何かを鍛えてくるはず、本戦で負けないように、小菅も更に力をつけて行きたい。
posted by ASADA at 09:46| 日記