2021年06月16日

6/16日(水)4年生区大会ベスト4!

 4年生の区大会Aに帯同する予定でしたが、体調戻らず諦める。ベンチは、金子・中山コーチの2人のみとなりましたが、見事に連勝、ベスト4に勝ち上がりました。
B小菅(4−0)住吉・・・・・(前)一翔(後)一翔(修葵)、一翔(日和)、一翔。得点力を示した一翔、みんなの願いを一身に受けて大量4得点、これじゃ次戦では徹底マークを受けるはずです。中盤を支えた日和、怜咲。
翔と颯太がディフェンスにいたからこそトップの一翔がいい仕事が出来ましたね。
C小菅(2−1)柴又キッズ・・・・・(前)−(後)×、大悟(日和)、一翔。前半は殆ど小菅の攻めで終始、この時1点でも決めていればもっと楽な試合運びが出来たことでしょう。中央を厚くしサイド攻撃で変化を付ける布陣としました。後半、大悟のプレーが活気を帯びたことで小菅の攻撃に幅が生まれました。もともと足が速い大悟、その気になればゴールを狙う気持ちも強いのです。失点が終了7分前、大悟の同点打は終了2〜3分前、日和の上手いセンターリングにダイレクトで合わせて決めました。よくぞ決まったものです。まさに終了間際に一翔の勝ち越し点が決まって際どいタイミングで勝利をもぎ取りました。何より、4年生の勝利への気持ちの強さがもぎ取った勝利と思います。ゲームを支配しながらなかなか得点決まらず(これだけでもイライラする)、ましてや残り時間僅かとなって僅かなチャンスから(CKから)得点した相手、相手の歓喜は大きなものでした。それに耐えて顔を上げ攻撃を続け逆転につないだ4年生の心身の成長は大きいと思います。
 颯太をDFに据えたのが良かったか。試合展開が良く読める巧みな翔、足が速く技術面も高い颯太、それに根性の座った気持ちの強い芳樹のGK、この3人が小菅のゴールを守り抜きました。ウィングを務めた大悟と修葵は、ドリで運び味方につなげて攻撃に参加する場面が多くなってきています。翔と颯太の少し前で、日和と前後しながらど真ん中で試合を仕切る怜咲、キッズ戦一翔の勝ち越し点を演出したのも怜咲でした。4年生チームは、なんだかんだ言いながら、一つのチームにまとまりつつあります。
posted by ASADA at 19:36| 日記