2021年09月28日

9/28日(火)Aリーグ優勝視野に

 やあー、やっと日記。最近の優先順位が、体調管理、メールチェック、サッカーニュースで、次が日記、だからやっとと言う次第です。昨日、サッカーニュース作成終了、ただAリーグのエントリーチームが増えた場合日程表が変更になるので少し様子を見ていると言うところです。
 26日(日)Aリーグ2試合。後半の山場だな、BOAと暁星が相手です。結果は、
F小菅(2−0)BOA・・・・・(前)隼矢(後)遥紋(隼矢)
G小菅(2−0)暁星・・・・・(前)起照、起照
 遥紋は、最近存在感を示し始めた子です。5年生になって、他県から転校して来て小菅に入部。「温和しい子だな。」が最初の印象でした。それは今も変わらない。「小菅のサッカーに馴染むのに少し時間がかかるな。」が、練習や試合を観ての感想でした。ところが、思ったより早く小菅のサッカーに溶け込んで来ています。温和しさ、柔らかさ、誠実な態度はそのままに、小菅の中で存在感を示し始めたと言うことです。出すときに必ず確認します、「相手と戦えるな?」「はい。」「抜かれても追いかける。」「はい。」そして最後に、「ダンスをするな、判断は早く!」最後の確認は、今の遥紋の課題な訳です。人としての誠実さが遥紋の努力の後押しをしていますね。ところが、私の期待を超える才能を最近見せ始めています。それは、左Wから、ゴール前に詰める才能です。足が速い訳ではない、しかし、逆サイドで隼矢が、琉稀が、・・・が、ドリブル突破にかかるや、全速力でゴール前に走る。読みと誠実さ、ですね。走り惜しみしない、無駄でも走る、これは選手として大切な要素なのです。で、隼矢のアシストに合わせて貴重な追加点が生まれた。隼矢のラストパスは素晴らしいからね、持ち込んで持ち込んで、2〜3人引きつけて、ゴール前にスペースを作って、優しい・合わせやすい・愛に溢れたラストパスを出すからね、最近の隼矢の徹し方の1つです。
 暁星戦、またも起照がやってくれました。起照には、先発直前確認。「トップで行くか?ボランチで行くか?」いつものように黙っている。「トップだな?」ウンと肯く。「見ての通り、暁星のCBは強いよ。あの37番と戦えるな?」「あの37番から、前線にパスが出ている。37番を押さえれば、小菅は勝てる。」「負けても躱されても、37番を追いかけるのが仕事。とにかく、追いかけ回せ。37番を自由にするな。」やってくれるかなあ?と不安もありましたが、この難しい仕事、起照に任せるしかない。起照は、良くやってくれました。献身的に走り、37番に食らいつき・・・これで、小菅のチーム全体に余裕が生まれましたね。しかもです、しかも、起照は2得点、小菅の全得点を自ら叩きだしたのです。相手を追いかけ回し、相手が嫌がってボールをルーズに扱った瞬間を見逃さず、ボールを奪うや、振り向きざま、シュートを打った。殆ど角度のない、競り合いながらのシュート、GKはあの瞬間シュートが来るとは予測もしていなかったね、ボールは逆サイドネットに吸い込まれて、見事な先取点でした。追加点も起照でした。「もう1点。ハットトリック!」と私の中に仕様もない欲が湧きましたが(区大会決勝戦で起照はハットトリックを達成している)、勿論2点で十分でした。試合前、1つ、Oコーチの進言がありました。「暁星は、左Wの21番が来る。」「あそこは、4年生女子DFでは、無理。」「8番がいい。」と。何と、小菅の両サイドバックは、怜咲と日和、4年生女子。私の信頼だけではない、CB陸貴斗の信頼も厚いのです。が、確かに21番は辛い。岳琉は欠席だし。フウム。右Wに拘る琉稀に問う。「日和と変わって、右DFに入り、21番を押さえて欲しい。」分かっていたね、琉稀は。すぐに笑顔で。(苦笑だったか?)推薦のOコーチの追加進言。「8番は足がある。後ろからの方が、足を生かした走る攻撃が生きて効果的。」琉稀が完全に21番を押さえてくれました。反対側の怜咲には、「もう、人がいないんだ。お前が当たれ、お前が押さえろ。」仕様がないな、と怜咲の笑顔、Oコーチは言ってたよ。「怜咲が、少し優しい。」そうなんです、最近優しすぎる。あの、台風のように暴れまくっていたなかよし時代はどうした?はてさて。ついでにOコーチ、「7番、8番、それとあの小柄な子(一翔)がいいですね。」でした。7番と言えば陸貴斗。陸貴斗は、区大会で一皮むけた感じです。区大会の激戦が、CBの重圧を担いきった陸貴斗に劇的な成長をもたらしたようです。
 さあーて、もう1人。私が試合の中で注目した選手です。諒太朗。「上手いね。」と思いました。陸貴斗もサイドバックに「諒太朗。」と指名することがあります。足元が上手い。足技とタイミングで相手を躱すのが上手い。北海道時代(低学年)の練習が基本にあるのでしょう。また頭がいいのでしょう、落ち着いて相手を出し抜く。ただ、今は、走るのが苦手。そこは、これからの課題です。体は変わる、進化します。今は、走り戦う体を作る途中にあると思いましょう。必ず、足元を生かして自分らしい最高のパフォーマンスを実現するときが来るでしょう。大きく期待しています。

 日曜日は、Oコーチ、Kコーチと会いました。2人とも若いからね、サッカーに純粋に夢をかけている。本音で存分に話し合いました。そのうち、グランドで会えるかも。
posted by ASADA at 10:20| 日記