2022年01月26日

1/26日(水)2年生ベスト8で涙

 2年生が、区大会ベスト8で敗退したことを、私の心と体の中で消化するのに3日かかりましたね。この間、中澤コーチからも学年代表の吉永母からも報告と次への決意のメールを頂き、また試合動画を頂き、少しずつ気持ちが回復して来ました。「切り替えて、前を向きましょう!」と、返信しながら、実は私が1番切り替え遅くなったのかな?

B小菅(3−1)FC EDO・・・・・(前)勇織(勇誠)、勇誠(盛愛)、× (後)勇誠。決勝戦まで進む最大の難関がEDO戦かな?と、コーチ陣も私も認識していました。練習試合は勝ったり負けたり、しのぎを削る相手です。緊張感を持って、選手もベンチも試合に臨みました。勇織(勇誠)の先取点、勇誠(盛愛)の追加点、嬉しかったね、しかし簡単には行かない相手、失点、2対1と迫られます。2点リードの怖さを十分に味わった思います。次の点をどちらが取るかで試合が決して来る、常に試合中、緊張感がありました。後半決めたのは勇誠、小菅3点目は、小菅に落ち着きと自信を、相手はかなり気落ちしたかな、と。そして迎えた準々決勝。
C小菅(1−2)葛飾フレンドリー・・・・・(前)ー (後)×、勇織、×。ノーマークの葛飾フレンドリーに敗退。EDOを抜ければ後は行ける、これは落とし穴だったかな?フレンドリーは、PA内を4バックでガチガチに固めて来ました。あとは、カウンター狙い。キック力を生かした相手のミドルシュートで勝敗が決したのです。開士は1年生ながらたびたび好セーブを見せて小菅の勝利に貢献していたのですが、あの高さは1年生GKには無理。(練習の時、開士が熱心に解説してくれました。開士は説明が上手にできるのです。これ大事。)小菅は、パスワークでゴール前に密集する相手を切り崩せなかった。ふううむ、何か新しい課題を発見した思い。おそらく、現場のコーチ陣は、考えていることでしょう。高い志で。それにしても、ノーマークって怖いね。試合って怖いね。2年生にして良い経験をしたと前向きに評価し、次に備えて行きましょう。月曜日の練習、2年生元気でしたよ。もう次への一歩を踏み出していると感じました。えらい!
 
 月曜日の練習で、少し角度を変えた練習を、と試みて見ましたが、校庭練習40分では何もできなかった。
人数も揃っていなかったし。さあ、次への飛躍を成していくための練習は始まったばかり。今までのパフォーマンス+新しいパフォーマンスの会得。やりがいあるよね、ワクワクしながらやっていきましょう。
posted by ASADA at 10:35| 日記