2022年02月11日

2/11日(金)雪!

 本当に雪!積もってる!前日までは、本当に降る?積もる?と半信半疑でしたが、朝起きたら、家周り・道路は積雪で真っ白。隣家、付近の屋根も真っ白。と、すぐ近くに住む息子からメール、「8時頃雪かきに行くから。」おお、有難う、です。前回の時も来てくれたな。家族3人で汗だくになって玄関周辺の道路のみならず、通りに出るまでの約30mもきれいにかいてくれました。聞いたら、今日は家でリモート勤務とのことでした。私の時代とは違うんだ。
 オリンピックには普通の関心。気にかかる選手が数人いて、実はその選手たちの出番は生では見られない、怖くて見れないのです。フィギュアスケートの羽生結弦選手、ジャンプの高梨沙羅選手、スピードスケートの小平奈緒選手の3人です。挑戦と失敗(?いや失敗じゃないよね、試合に失敗はない、挑戦に失敗はない!)と。彼らの4年間の精進は半端じゃない、次の4年にかけるには年齢が高すぎる(!?!)、今回が瀬戸際の機会だったかも。3人とも、これからの人生の方が3倍も4倍も長い。(4倍は無理?いや、人類の歴史は寿命延長の歴史でもあるから、分からないよ。)いや、それに、競技人生だって、伸びるかもね。特に、パラの人たちを見なさい、30代はおろか40代50代でもオリンピックに出ているよ。と考えると、希望が持てます。以前は、清水宏保選手の生放送が見れなかった。今は解説者ですが、その彼が小平奈緒選手に言った言葉、「良い選手では勝負に勝てないよ。良い人では勝負に勝てないよ。」なんと示唆に富んだ言葉か。それが今、「小平奈緒選手、勝て!」と心境を公開した。清水宏保氏、心から小平奈緒選手を応援しているんだね、競技を見るのがそれで怖いんだね。
posted by ASADA at 12:46| 日記