2022年02月28日

2/28日(月)6年生、10連覇にあと1勝

 昨日、6年生区大会A、準々決勝と準決勝が東金町Gで開催されました。小菅の6年生は、10連覇をかけての心震えるチャレンジです。準々決勝の相手は、苦手の葛飾ブルトン。葛飾ブルトンは、今年の6年生強い。リハウス8人制では負けています。前期予選ブロックではブルトンが1位、小菅は2位でした。後期の決勝リーグでも、負けています。ブロックの8人制では勝てない、だが、区大会のの8人制(1年生〜4年生)と11人制(5年生〜6年生)では負けたことがない。それでも、難敵のイメージは強く、準々決勝を勝ち抜けるか?もう数日前から気に掛かっていたのでした。ブロックでの勝負、私が捨てたのだと思わないで下さいね?都大会に上がるか?のルートでは、しっかり勝負に出ましたからね、ただ漫然と試合やってるのではありませんから。FC○○のような絶対勝者なら、どの試合も捨てることなく取り組んで行くことでしょうが。いや、そうでもない、試合への対応を見ると、力の入ってる試合と緩く対応している試合とあるような。分かります。人間の緊張感、いつもいつも張り詰めていては持たないか、な?ともあれ、小菅は、6年間かけての10連覇達成への緊張感です。(2回はコロナで決勝大会中止)
 
B小菅(3−0)葛飾ブルトン・・・・・(前)隼矢、隼矢、○(OG)(後)ー。隼矢の先取点が早かったね。風下を取る予定だった前半コイントスに負けて風上となった小菅、攻め込んで攻め込んで殆ど相手コートでの展開となりました。ピッチの半分に敵味方20人の選手がひしめいて、ドリもパスも通すの大変な中、小菅は見ている限りその状況を苦ともせず果敢にドリし、しっかりパスを通し、組み立てていました。えらいよ!ナイター練習で力を入れているパス展開の柔軟な運び、CBの晴真と陸貴斗がいい位置でバックパスの受け手になり、左右へ、前へ、有効なパスを送っていました。遙人と日和のボランチも、新たなコンビながら賢い動きと豊かな運動量で、相手にボールを渡しませんでした。そして勿論、チームの全員が、トップの隼矢に、いかに良いパスを送るか心がけているのが伝わってきましたね。隼矢、ボールを得るや、上手い駆け引きで相手を一瞬に抜くやスピードに乗ったドリで攻め込む、「右から起照も走れ!遅れるな!」と、私。更に、「DF、歩くな、上がれ!」これは、2点目でしたね。後半、風下に立った小菅、それでも、風上の相手コートに攻め入りそこでの勝負を続けました。自陣に攻め込まれる時間帯は殆どなかったかな。ベンチと選手たちが一体となった試合展開が実現できたと思います。
C準決勝・小菅(3−0)金町A・・・・・(前)琉稀(CK)、遙人、隼矢(後)−。琉稀が得点しそうな予感は最近ずっとありました。隼矢は、良く見抜いているね、「琉稀が本気になれば、大丈夫だよ。」なってよ、本気に。選手の本気を引き出せないベンチは、駄目だよね。遙人、来た!ゴール!復帰後の初ゴール。2週間前の練習(小菅A面で)、シュート練の時、遙人の賢さが見えました。シュート練だって、選手1人1人の能力・賢さ・やる気が滲み出るんだよ、私が見てるんだ、油断するな。詳しくは書かない。さて、隼矢、きっちり3点目は自分で決めて来ました。6年生になってから、隼矢が大人になったとしきりと感じています。5年生までは、自分の言いたいことが先に立って性急に言いつのり言い過ぎることもあったけど、6年生になってからは自分の意見をきちんと「配慮」の枠に来るんで、相手が受け入れやすいように話すようになりましたね、たいしたものです。仲間をいつも褒め、仲間にチャンスを作るのも忘れない。サッカーは子どもを大人にする、とはよくぞ言ったものです。続けて、サッカーは大人を○○にする、とも言いますよ。金町戦に先立って、隼矢は作戦の提案をコーチ陣に示しました。トレセンとか今までの対戦で獲得した相手選手の分析から勝ち得た作戦の提案です。取り入れて、実践、安全策でしたが、晴真がやり通してくれました。GK涼太は、ハーフタイムには芝の上に寝転んでいました。ゴールを守る重圧は相当に大きいのだと察します。攻め込まれる時間帯が殆どなくとも、油断できるものではない、しかも大ゴールですから。

 さて、決勝戦を残すのみとなりました。3/20日(日)卒業直前の試合となります。反対側から決勝戦に勝ち上がってきたのは、ミズモ。本田がジェファに勝ち、ミズモが本田に勝って、決勝まで来ました。最後まで気を緩めることなく小菅らしく戦います。
 
posted by ASADA at 16:07| 日記