2022年05月02日

5/2日(月)区大会@、6年生と3年生

 6年生と3年生の区大会が、4/30日(土)同日にありました。
 まずは、快調の3年生から!参加選手は、勇織、恵叶、勇誠、盛愛、翔一、龍弥、碧、昇芽、開士、颯人、瑛志君の11人でした。中澤コーチから詳しい試合報告が届いています。まずは、固定しつつアルいつものフォーメーション。練習試合を重ねて試して試して作り上げつつあるフォーメーションです。この学年にして2バックを担う翔一君と龍也君が凄いね。並んだ先発メンバーを見ると贅沢なものです。ベンチに余裕があるなと実感します。決勝トーナメントに向けて、更に強度の高いチームと練習試合を重ねたいと来ています。練習試合から休まず自分のポジションを得て行くことが、いかに大事か、3年生は良く理解していますね。

@小菅(11−0)本田B・・・・・(前)恵叶(FK)、恵叶、勇誠、勇織(PK)、勇誠、勇織(PK)(後)勇誠、勇誠、勇誠(昇芽)、勇織、勇誠。
A小菅(8−0)幸田・・・・・(前)昇芽、勇誠、勇織(後)昇芽(恵叶CK)、勇誠、勇誠、勇誠、勇誠。

 6年生は、苦いスタートとなりました。1勝1敗。負傷とコロナでメンバーが揃わなかったことが一因、10人での参加となりました。「それでも、勝とう!」と鼓舞して入った初戦でしたが、最後の最後に疲れが来ましたね、後半の後半に3失点、果敢に戦い続けた6年生チームをだれが批判できるでしょう?元気だった前半、惜しいシュートが2本ありました。中央から右に展開して右60度(?)から打った健琉のシュート、逆ポストをかすって枠の外へ、思わずベンチはため息。もう1本は、健琉のFK、大ゴールのバーをかすって決まらず、これも惜しかった。この記憶は、翌日のリハウスに残ったか、健琉は無得点となっています。本人が一番苦しそうで、見ているのが辛い。ベンチで、中山コーチ、「健琉君の負担が大きすぎる、疲れているのでは?」、確かに大きな負担を背負ってやっています。対応策を検討すべし。

@小菅(0−3)REV・・・・・(前)(後)×××。
A小菅(11−0)直紀・・・・・(前)健琉、起照、起照、健琉(後)健琉、健琉(起照)、健琉、健琉、起照、啓太、誰かな?あと1人。
 
 5年生がこの1ヶ月で著しい成長を見せ、少ない6年生をしっかり支える存在に育ってきていることが重要です。翔は、常にCBとして啓太の相棒です。ボランチも時々修行中。遥希のGKも1試合ごとに安定感が増している。私は、この5年生に帯同することが少なかった、今、観察・指導中と言うところか。始めるに遅いことはない。今から今から!です。
 今年の区大会は、決勝トーナメント以降のスケジュールがまだ出ていない。今までは、予選リーグの組み合わせアップと共に発表されていたのに、本部に何か考えがあるのか?それとも作業が遅れているだけなのか?日程調整の為にも、早いアップを望みます。
posted by ASADA at 10:22| 日記