2022年06月15日

6/15(水)なかよしさん、上手くなった

 久しぶりに、なかよしさんの練習を見た。ほんのちょっとの時間だったが、子どもたちの成長を見るには十分の時間でした。まず、体格がしっかりしてきたね、大きくなった。ボールコントロールが上達している。やっているときの顔が真剣。4才5才にしてこの集中力、素晴らしいことです。坂元先生、「人数は6人くらいと多くはないけど、休まず来てくれるので、安定した練習ができます。」とのことでした。6人参加は、決して少なくありません。(今日、欠席の子がいました。)今日は雨だったし、寒かったし。それでも時間になると、「こんにちはあ!」と大きな声がかかる。
 7/2日(土)1年生の練習試合のことを坂元先生から話して貰いました。「1年生+なかよしさん」でチームを編成してミニサッカーの練習試合をやりたいのだと。3人から前向きの返事を貰えたと聞きました。1年生は今出欠をとって貰っていますが、揃うかな?何とか実現したい。1年生の日程調整がうまく行くことを願う!
 も1つ、6年生。2年前からのコロナ禍をもろに被って、幾つかのイベントを見送って来ましたが、7/3日(日)に1日大会の交流大会を開きたい。こちらも出欠確認中。1日大会なので数チームで。しかし、気合いを入れて。1年生も6年生も、うまく運びますように。
posted by ASADA at 19:32| 日記

2022年06月14日

6/14日(火)2年生区大会A連勝でベスト4!

 2年生が区大会Aで連勝してベスト4!を決めました。決勝大会は、9/3日です。まだ間がある、練習試合も入れながらチーム強化を図って行こう。
  
 参加・・・・・昇芽、開士、颯人、暎志、弦、裕樹、敬人、麗士、彩希、統士君

B小菅(5−0)LEEZU・・・・・(前)颯人(後)昇芽、昇芽、颯人、颯人(昇芽)
C小菅(3−0)ソルシエロ・・・・・(前)ー(後)裕樹、昇芽、颯人
GK・・・・・開士、弦

 颯人君が得点力に磨きをかけていますね。速いしドリブルが上手い。少しずつではあるが、2年生チームとしての試合経験も重ねている。きっと、「自分が点を取るんだ。」との自覚も高めているはず。素直で、どのポジションもやってみようと言う意欲もある。常に前向きなのです。GK開士、キャッチングの感覚が戻って来たかな?先日の練習試合では、簡単に足で処理しようとしてミスする場面が何回かあった。今までうまく進んで来た心の緩みか?そこの指導をコーチ陣には頼みました。手で行け!と。GKがキャッチすることで、味方には何かと余裕(安心)も時間も生まれるのです。開士、賢いからね、きっと飲み込んだはずです。
 裕樹君の初得点も嬉しいですね。「そのうち、決める」とは信じていましたが、公式戦で決めてくれたのが有難い、しかも先取点ですよ、味方もホッとしたことでしょう。裕樹君は足も速いし、当たりも強い。相手を恐れません。まだまだ経験不足のところもありますが、経験を重ねるにつれどこまで伸びて来るか、とても楽しみにしています。今は、ボールすべてに行こうとする、それだけの体力も気持ちもあると言う証明です。この運動量の豊かさと意識の高さを試合時間のなかでどう生かして行くか?おそらく、経験が教えて行ってくれることでしょう。勿論、コーチ陣の指導を受けながら。
 瑛志君は、CBで頑張ったかな?瑛志君は、得点感覚も優れている。成長の過程でまだまだ他のポジもやってもらう予定です。弦君も同じだよ。ディフェンスからオーバーラップして行くのは、今のところ弦君だけだからね、期待しているのです。
 小菅のキャプテン昇芽君のこと。12日(日)私は、6年生リハウスに帯同して水元Gにいました。ベンチにソルシエロの木村監督が腰かけている。「2年生の区大会で当たるかもしれませんね。」と話しかけたら、「うちがミズモに勝ったら」と。そして、「あの子には勝てませんよ。誰も、止められないでしょう。」と。昇芽のことだとすぐに分かりました。先日練習試合でソルシエロとは当たったばかりです。余程、印象に残ったのでしょうね。昇芽の強さは、群を抜いています。このままどんどん成長して行ってほしいです。
 ところで、1年生の緊張感が試合時間中保たないと聞いています。よそ見、遊び・・・。自分たち主役のゲームを経験すれば解消されると思うのですが。フットサルから始めて、1年生の練習試合も組んで行きたいなと考えているところです。
posted by ASADA at 12:29| 日記

6/14日(火)2年生九大会ベスト4!

 2年生が区大会Aで連勝してベスト4!を決めました。決勝大会は、9/3日です。まだ間がある、練習試合も入れながらチーム強化を図って行こう。
  
 参加・・・・・昇芽、開士、颯人、暎志、弦、裕樹、敬人、麗士、彩希、統士君

B小菅(5−0)LEEZU・・・・・(前)颯人(後)昇芽、昇芽、颯人、颯人(昇芽)
C小菅(3−0)ソルシエロ・・・・・(前)ー(後)裕樹、昇芽、颯人
GK・・・・・開士、弦

 颯人君が得点力に磨きをかけていますね。速いしドリブルが上手い。少しずつではあるが、2年生チームとしての試合経験も重ねている。きっと、「自分が点を取るんだ。」との自覚も高めているはず。素直で、どのポジションもやってみようと言う意欲もある。常に前向きなのです。GK開士、キャッチングの感覚が戻って来たかな?先日の練習試合では、簡単に足で処理しようとしてミスする場面が何回かあった。今までうまく進んで来た心の緩みか?そこの指導をコーチ陣には頼みました。手で行け!と。GKがキャッチすることで、味方には何かと余裕(安心)も時間も生まれるのです。開士、賢いからね、きっと飲み込んだはずです。
 裕樹君の初得点も嬉しいですね。「そのうち、決める」とは信じていましたが、公式戦で決めてくれたのが有難い、しかも先取点ですよ、味方もホッとしたことでしょう。裕樹君は足も速いし、当たりも強い。相手を恐れません。まだまだ経験不足のところもありますが、経験を重ねるにつれどこまで伸びて来るか、とても楽しみにしています。今は、ボールすべてに行こうとする、それだけの体力も気持ちもあると言う証明です。この運動量の豊かさと意識の高さを試合時間のなかでどう生かして行くか?おそらく、経験が教えて行ってくれることでしょう。勿論、コーチ陣の指導を受けながら。
 瑛志君は、CBで頑張ったかな?瑛志君は、得点感覚も優れている。成長の過程でまだまだ他のポジもやってもらう予定です。弦君も同じだよ。ディフェンスからオーバーラップして行くのは、今のところ弦君だけだからね、期待しているのです。
 ところで、1年生の緊張感が試合時間中保たないと聞いています。よそ見、遊び・・・。自分たち主役のゲームを経験すれば解消されると思うのですが。フットサルから始めて、1年生の練習試合も組んで行きたいなと考えているところです。
posted by ASADA at 12:19| 日記

2022年06月13日

6/13日(月)6年生リハウス最終戦は分ける

 降るのか降らないのか?暑いのか寒いのか?この季節の特徴ですね、万一寒いとイヤだなとまた1枚重ね着したりと、家を出たときは寒めで厚着に「正解!」と安心したのですが、会場に着いたらパッと晴れて暑いのです、すぐに薄着になりましたが、脱いだらこれが邪魔になって仕様がない、ほんとに困ったものでした。
 さて、今日は6年生はリハウス最終戦です。今ブロック1位を走るリラーシオが相手、暫定5位の小菅とはずいぶんと水をあけられていますが、頑張ろう!と。リラーシオのエスブランコ戦を見て大げさに言うと衝撃を受けました。フウム、6年生が少ないと聞いているが良いサッカーをやっているな、幾つかの試合を見渡して、このブロックでは1番良い試合をやっているのでは?と。エスブランコ(2位)は6年生が揃っていて・・・で、そこに4−2で勝っています。観察と分析、考えに考えました。徹底していることが幾つかある、それは小菅もやろうとしている戦術ではあるのですが、徹底できていない、ここだな、と思いました。おそらくどこの指導者も口では言っているはず、が、実戦まで徹底できていないこと、ここだな、と。
 DFに信頼できるメンバーを優先しました。CBに起照、サイドバックに翔と大悟。が、すぐにうまく行くのはやっぱり難しかったか、キックオフすぐ、最も警戒していた形で攻め込まれて、「あ!」と見たときには見事に逆サイドのマークを外されていました。大声で修正するも間に合わず簡単に失点、「なんだい、全く!」。選手はどうしてもボールに引きずられる、試合前しつこく指示した・・・もすぐには効果を発揮できなかったと言うことです。が、賢い5年生、その後は口惜しさもプラスしてしっかりマークの意識を高め、ゴールを許しませんでした。起照のディフェンス陣統率も立派でした。GK翔聡も声を出して久しぶりに気合いが入っていました。翔聡が「はい!GKで行きます!」と来たとき、今までは無条件に歓迎していましたが昨日は少し注文を付けました。効いていたね!
 6年生がやっと4人来た、これも大きかったね。右Wに啓太が入り、啓太と健琉の連係プレーから同点シュートが生まれました。今まで小菅は外が機能不全に陥っていましたからね、昨日は、啓太が右に入ったことで左の芳樹まで効果的な動きができていました。これがチームと言うものです。トップの遥希が試合後頼もしいことを言っていましたよ、「俺が○番を躱せたら、シュートが打てた」。熱い中にも冷静なのが遥希なのです。きっと、必要な練習をしてくることでしょう。

H小菅(1−1)リラーシオ・・・・・(前)×(後)健琉

 久しぶりに見た健琉の強烈なシュート、「バーをたたく」「ポストをかする」、もっとシュートの精度を高めて、と健琉にはいつも注文しています。最近健琉の表情が冴えないけど、このゴールをきっかけに明るく前向きな自分を取り戻して欲しいです。
 11時キックオフ、上千葉公園Gの2年生区大会ALEEZU戦は11時半キックオフ、中山コーチが行っています。塚本父と柏野父もサポートコーチ・審判に入っています。そっちも気になって気になって。次回に。
posted by ASADA at 10:05| 日記

2022年06月05日

6/5日(日)2年生練習試合

 来週12日(日)に区大会Aを控える2年生の練習試合、成績は下記の通りでした。
参加・・・・・昇芽、開士、颯人、瑛志、弦、裕樹、敬人、麗士、彩希、統士君。

@小菅(2−2)えどそら・・・・・(前)敬人(後)×、瑛志、×。
A小菅(4−1)千代田・・・・・(前)敬人(後)昇芽、×、昇芽、颯人。
B小菅(2−3)えどそら・・・・・(15分1本ゲーム)××、昇芽、颯人、×。

 ここで、あと2試合残して、雨で中止。あっと言う間に強い雨となりました。

 ううむむ、えどそらに勝ちきれなかったのが、最も印象的でした。えどそらの2年生は人数も多かったし、体格も良し、良いチームでしたね。千代田の2年生は、1人1人が自立しているなと感じました。お互いに声を掛け合って体制を修正したり、感心しました。例えば、「お!団子で来たな。」と見ていたら、個々のスキルが高く団子のまま押し込んで行く、が、反撃されたとたん、「誰か、2人、下がって!」と、叫んでいました。試合経過がよく見えている子がいると言うことですね。
 今日は、センターバックに瑛志君を試そうと先日来思っていましたが、瑛志、頑張っていましたね。えどそら戦で決めた見事なミドルシュート、称賛の歓声が上がりました。ただ、どうしてもやや前掛かりになる、と、足の速い子に抜かれて失点という場面もありましたが、GK開士が今日は何だか不調でそこと重なったのが不運でした。開士、もっともっと強いはず、成長の途中で迷いが出るのはやむを得ないことです。成長には必要な迷いでもあります。颯人、敬人兄弟は得点に良く絡んでいましたね。スピードあり、運動量あり、サッカー選手として優れた資質です。弦のあの一生懸命さを、さていかに生かして行くか、育てて行くか?今模索中です。今は、意欲と実際が上手く絡み合っていない感じ。裕樹君、今日で2回目の試合参加。2回目の今日、試合の難しさを1回目より感じた様子。「試合になると難しい。」と話していました。うまく行かない、試合になると難しい、みんな、誰もが経験する通過点です。受け止め方が強いほど、しっかり成長して行きますよ。
 さああ、来週は区大会Aです。ベスト4入りを目指して今週の練習、頑張ろうね!
posted by ASADA at 20:18| 日記