2022年02月10日

2/10日(木)水曜日練習

 もう数日前からワクワクと心配と。久しぶりの小谷野小学校です。
 体育館に着いたら、数人のなかよしさん、あ、待たせてしまった、あと1本早いバスに乗るべきだったなと思っても遅い。
 坂元コーチが、コロナ感染で2/2日まで自宅療養中、その後も医師の許可がなければ練習には来れません。「いつ明ける?いつ明ける?」と復帰を心待ちするも、子どもたちを指導する立場として万全を期すのは当然のこと、焦れながら焦れながら待っているわけです。だから、今日のなかよしさんは、私1人。高見コーチは4時に来るのです。
 すっかり、コーチサポート役に慣れていた身としては、不安もありましたが、これが楽しかった。弟のけいと君と来た1年生の颯人君が、私を場面場面で補助してくれました。まず、基本練習、ボールタッチ、シャッフル、足裏コントロール・・・とやろうとしたら、少しジャンプを伴うこのボールタッチで、思わず「痛いヨ」と肋骨に響く。「よし、颯人君、やって。」颯人君、喜んで上手にやってくれました。試合にも参加、初めは相手チームに3点のリードを許していましたが後半4−3と逆転、さすがでしたね。新規加入の統士君が自分のサッカーをしっかり表現していましたよ。相手ゴール前に侵入するも、そこに立ちはだかる颯人君が、巧みな足裁きでボールを奪う(弟のけいと君曰く、「だって、颯人は1年生なんだもん!」)、すぐにドリブルで反撃、その時、統士君が全力で自ゴール前に戻るのです、「おおう!」と感心しました。年長さんの年代で、守備の意識を持つのはたいしたものです。相手は1年生、スピードも足技も1枚上手、それでも諦めないで一生懸命守備に戻る、これは意識の高さを示しています。今後が楽しみです。新1年生は、現在4人が小菅に上がって来ます。紅一点のあきちゃん、気持ちの強さと相手を恐れないパフォーマンスが身上、4人とも年長さんにして素晴らしいプレイヤーですよ。盛愛弟のれいじ君は、いつもなかよしさん練習はスルー、4時からの低学年練習に兄と一緒に参加しています。ここで、新1年生の皆さんに小菅加入を呼びかけます。出来れば、4月から単独チームとして大会や試合に臨みたいのです。平日3回の午後練習を小谷野小学校でやっていますが、練習参加は1〜2回でも差し支えありません。
 さて、低学年練習。高見コーチ。お、いた、れいじ君。ボールタッチ、ドリドリドリ。1対1、2対2。・・・と、フッと見たら、弦君が保育園のフェンスの近くで、ととと。すぐに行く。「どこか痛いの?」首を振る。よくよく聞くと、「負けるのがいや。」そうか、1対1で上手く行かないときがあったのかな?「負けるのは、誰にでもあるんだよ。」「気にしないで、あっち行こう。」ちょっと間を置いて、ウン、。1年生にして、「負けるのがいや。」ああ、こんな子をたくさん送り出して来たなぁ。こんな子は、強くなるよ。オリンピックを見なさい、4年間修道者のようにストイックに練習を積み重ねて来て、それでも最後に勝ち残るのは1人だけなんだから。世界最高のオリンピックも、小谷野小学校のこの小さな練習も、当人たちにとっては同等です。私はそう思います。今やっている場が大きいか小さいか、関係ない、そこに立つ当人たちには、子どもたちには、そこが精進すべき自分の世界なのですから。ずうっと昔、まだ小菅が初期の頃、参加した遠征合宿大会の前日懇談会で「地区大会などチッポケな大会に勝つことを目標にする愚かさ、世界は広いのです。」と講演した学者がいました、「???」でした。これは、私の胸の奥にいつもある、いつかまとめて総括したいと思っている課題ですが、そのうちに。さて、低学年、とても良い練習をしてい丁寧な丁寧な指導もいいし、子どもたちの真剣さもいいね。
 ナイターはちょっとトラブルでライトがつかず、開始が少し遅れましたが、金子コーチ暗がりの中でやっていました。受験を終わった樫村遙人君が復帰。初めは、暗いし良く分からなかった。ふっくら、していたのです。金子コーチ、「よし、今日は、体をしぼる遙人に連帯して、まず1時間走るところから始めるか。」金子コーチらしいユーモアに富んだ愛情表現です。
 冒頭に書いた坂元コーチですが、メールが届きました。「14日から練習に出れます。医者の許可がおりました。」とありました。ホッと安心。
 
posted by ASADA at 11:40| 日記

2022年02月07日

2/7日(月)元気徐々に回復

 10日ぶりのパソコンです。10日前、ナイターの帰り、暗がりの中でコンクリートのたたきに躓き転倒。今でも覚えてる、左脇腹を打って、左胸を打って、最後に左顔面をそのコンクリートたたきに打ち付けた。「あ!眼鏡!」だったと思う。すぐ山本コーチが拾い上げて、ゆがんだフレームを一生懸命直してくれた。「血が出てます!」と、細谷さんだったかな。マスク越しに左顔面から血がにじみ出ていました。心配した山本コーチが、松戸の自宅まで車で送ってくれました。『大丈夫だよ、電車で帰れるよ。』と思ったけど、今思うと、あれは正解。
 その後、本格的に痛くなってきたのは、数日経ってから。触れると飛び上がるほど痛い、息苦しい、寝返りが打てない、金曜日練習に行こうとしたけれど、200m歩いたところでダウン、引き返す。「これは、ひびが入ってるな。」と直感。20数年前、交通事故で肋骨5本折っています、あの時の激痛には及ばないけれど、感触は覚えてる。約2ヶ月入院しました。フム、3週間くらい、かかるか?ジッとしてよう、静かにしてよう。家人に言うとすぐ病院に行けと言うから、言わない。肋骨治療って、固定するだけだから。レントゲンも面倒。
 5年生区大会に行けなかった。申し訳ない、申し訳ない。あと少し、あと少し、時間を。必ず、復帰します。
今日はここまで。パソコンの前に座れたことを、今の最大の収穫として。喜びとして。
posted by ASADA at 10:00| 日記

2022年01月26日

1/26日(水)2年生ベスト8で涙

 2年生が、区大会ベスト8で敗退したことを、私の心と体の中で消化するのに3日かかりましたね。この間、中澤コーチからも学年代表の吉永母からも報告と次への決意のメールを頂き、また試合動画を頂き、少しずつ気持ちが回復して来ました。「切り替えて、前を向きましょう!」と、返信しながら、実は私が1番切り替え遅くなったのかな?

B小菅(3−1)FC EDO・・・・・(前)勇織(勇誠)、勇誠(盛愛)、× (後)勇誠。決勝戦まで進む最大の難関がEDO戦かな?と、コーチ陣も私も認識していました。練習試合は勝ったり負けたり、しのぎを削る相手です。緊張感を持って、選手もベンチも試合に臨みました。勇織(勇誠)の先取点、勇誠(盛愛)の追加点、嬉しかったね、しかし簡単には行かない相手、失点、2対1と迫られます。2点リードの怖さを十分に味わった思います。次の点をどちらが取るかで試合が決して来る、常に試合中、緊張感がありました。後半決めたのは勇誠、小菅3点目は、小菅に落ち着きと自信を、相手はかなり気落ちしたかな、と。そして迎えた準々決勝。
C小菅(1−2)葛飾フレンドリー・・・・・(前)ー (後)×、勇織、×。ノーマークの葛飾フレンドリーに敗退。EDOを抜ければ後は行ける、これは落とし穴だったかな?フレンドリーは、PA内を4バックでガチガチに固めて来ました。あとは、カウンター狙い。キック力を生かした相手のミドルシュートで勝敗が決したのです。開士は1年生ながらたびたび好セーブを見せて小菅の勝利に貢献していたのですが、あの高さは1年生GKには無理。(練習の時、開士が熱心に解説してくれました。開士は説明が上手にできるのです。これ大事。)小菅は、パスワークでゴール前に密集する相手を切り崩せなかった。ふううむ、何か新しい課題を発見した思い。おそらく、現場のコーチ陣は、考えていることでしょう。高い志で。それにしても、ノーマークって怖いね。試合って怖いね。2年生にして良い経験をしたと前向きに評価し、次に備えて行きましょう。月曜日の練習、2年生元気でしたよ。もう次への一歩を踏み出していると感じました。えらい!
 
 月曜日の練習で、少し角度を変えた練習を、と試みて見ましたが、校庭練習40分では何もできなかった。
人数も揃っていなかったし。さあ、次への飛躍を成していくための練習は始まったばかり。今までのパフォーマンス+新しいパフォーマンスの会得。やりがいあるよね、ワクワクしながらやっていきましょう。
posted by ASADA at 10:35| 日記

2022年01月24日

1/24日(月)5年生練習試合

 遂に蔓延防止で、土曜日の5年生関東リーグ、日曜日の6年生リハウスが中止。何だか気持ちの行き場を失ったようでがっかりしていたところに、金子コーチから5年生の練習試合が舞い込んで来ました。即座に、「行きます。」「揃ったメンバーで行きましょう。」
 5年生が3人、4年生が5人、OKOK。啓太、遥紋、健琉、怜咲、日和、翔、芳樹、遥希、十分勝算が立つメンバーが揃ったではありませんか。しかし、寒かった。しかも、何十年ぶりの梅田小学校、まず降りる駅を間違えた、道に迷いに迷った。約40分、行きつ戻りつ、歩きに歩きました。たどり着いたときは、本当にホッとしました。
 8人です、全員先発です、試合前に、「失敗して良い。チャレンジして行こう。練習試合は失敗するためにある、たくさん失敗して自分を見極めて行こう。」と送り出しました。GKは4年生の芳樹と遥希がほぼ交代で。2人とも、期待以上の出来でしたよ。キャッチング、位置取り、バックパスへの対応、ちゃんと出来ていましたね。5年生のGKとしても大丈夫と思いました。

@小菅(7−4)梅田・・・・・(前)×、怜咲(日和)、××、怜咲 (後)×、遥紋、遥紋、啓太、遥紋、遥紋。前半は怜咲が1トップ、しっかり役割を果たす。後半は、左ウィングから遥紋、積極的なプレーで点を取りまくる。啓太は、右ウィングから行きました。
A小菅(7−0)梅田・・・・・(前)翔、健琉 (後)健琉、健琉、健琉、健琉、遥紋。今度は、健琉が点を取りまくる。この日、DFに徹した翔が得点に至ったのは立派。翔は、周りがよく見える堅守のDFです。最近体も大きくなってきて、そこに持ち味の冷静さと賢さも加わって、信頼できるプレイヤーに成長中です。
B小菅(3−0)梅田・・・・・(前)健琉、遥紋、健琉。健琉と遥紋、意識しあって点の取り合いか、チーム内競争は、本人たちは勿論チーム全体のレベルアップにもつながるので大歓迎です。
 多くの場面で、ボランチの日和が相手と競り合い、試合を組み立てていました。体を相手にしっかりと寄せて相手の動きを封じ、ボールを支配する、そのスタイルにますます磨きが掛かってきています。

 昨日の練習試合は、試合の谷間を作らず、本当に良かった。殆ど見たことのない4年生のパフォーマンスを見ることができたことも、私にとっては大きな収穫でした。
posted by ASADA at 14:18| 日記

2022年01月16日

1/16日(日)5年生関東リーグ、6年生リハウス

 5年生関東リーグの試合で久しぶりに立川市まで遠征、高速に乗って延々と1時間半、西砂小学校は遠かった。下校後の移動で着いたのが3時少し前、15分後にはキックオフ。15分で気合いの入ったアップが出来ました。5年生の心意気を感じました。4年生も5人参加、サンキュウ!
 前半いきなり、思いもかけないミスで先取点を奪われる。CB啓太の思い切りのいいミドルシュートで同点。少し前に出ていたGKの位置を見逃さなかったのはさすがの得点感覚です。ところが、また、思いもかけないミス!ひゃあ、これじゃ勝てないよ。1−2とリードされて後半へ。相手が決めた初めての点で、1−3となるも、起照の素晴らしいミドルシュートで1点差と迫る。起照のミドルシュートはストレートの唸るようなシュートでした。初参加の健琉君は、ん?、カルチャーショックを受けたような?今までのチームとは全く違うサッカーにショックを受けたな、と見ました。ハーフタイム、ゴクゴクと水筒の水を飲む健琉君に、「きついか?」と聞くと水筒から口を離さないまま、ウンと肯く、「イヤになったか?」と重ねて聞くと、水筒から口を離さないままウウンと首を振る。良し、乗り越えるぞ、と確信しました。(実際今日のリハウスでは得点しました。)
 5年生5人、いいね。来年への期待が膨らむ。4年生の怜咲と日和のプレーも気合いが入って良いものでしたが、あとの3人はまだまだ成長途中だなと感じました。が、必ず、強くなれるよ、まずは、試合と練習に来ることです。経験を重ねることこそが、自分を強くする秘訣です。
 本日の6年生リハウス。FC85戦、練習での行き違いもあったりして、5年生主体でチームを組む。歯が立たず。後半5分だけと約束の隼矢を入れるや得点の形を作るも、惜しいシュート。2つ目のJuns戦は、予定通り勝点を取りに行きました。温存した6年生2人も入れて、5得点、5−0は立派な成績です。移籍直後の健琉君が起照のアシストを受けて初ゴール。しかも嬉しい先取点でした。昨日の試合に比べると、一歩も二歩もレベルアップしたパフォーマンスを披露していたと思います。しかも、6年生とも5年生とも仲良く笑い合ったりふざけ合ったり、チームに打ち解けるのが早いね。みんなの受け入れもいいのだね。

 4年生は区大会@、予選2位で決勝トーナメントへ。2年生は、南綾瀬と練習試合、4戦全勝でした。半面使ったミニゲームでも、全面使った試合でも、勝ちきってえらい。私は、2年生のお守りをリュックにぶら下げています。2年生の決意と願いがこもったお守りです。
posted by ASADA at 22:48| 日記